オンコロジー情報システムの市場規模、2027年に111億米ドル到達予測

オンコロジー情報システム(OIS)の市場規模は、がん患者のプロファイルと治療の管理および最適化を促進する包括的な情報と画像管理に使用されるソフトウェアとサービスが含まれます。患者のプロファイルは、診療所、病院、研究所などの医療現場で電子カルテ(EHR)としてソフトウェアによって管理されています。これらのソフトウェアは、治療結果の予測、治療計画、医療機関間でのがん患者情報の交換に使用され、患者のがん治療の安全性と有効性を高めることができます。オンコロジー情報システムは、医師や外科医が癌患者の生存率を向上させるために最も適切な治療法を選択するのを支援します。市場の主要企業には、Siemens Healthineers(ドイツ)、Elekta AB(スウェーデン)、Koninklijke Philips N.V. (オランダ)、McKesson Corporation(米国)、GE Healthcare(米国)、Accuray Incorporated(米国)、Allscripts Healthcare Solutions, Inc.(米国)などが挙げられます。

オンコロジー情報システム市場は、2022年の77億米ドルからCAGR7.6%で成長し、2027年には111億米ドルに達すると予測されます。同市場の成長は主に、がんの発生率や有病率の増加、がん治療のコストを抑制するニーズの高まり、がん治療の治療・管理・計画においてオンコロジー情報システムが提供する潜在的メリットなどによってもたらされます。

市場は、製品とサービス、アプリケーション、エンドユーザー、地域別に分類されます。

COVID-19によるオンコロジー情報システム市場への影響

COVID-19の影響で、市場の主要プレイヤーの売上高と営業利益は減少しました。また、生産管理の厳格化により、在庫が減少しました。その後、2020年第3四半期には世界各地でがん研究活動が再開され、ソフトウエアとプロフェッショナルサービス分野の需要が拡大しています。2020年8-9月期には、北米と欧州のオンコロジー情報システム市場はおおかたの回復を見せました。一方、APAC(アジア太平洋)市場は中国・韓国を中心に依然として苦戦を強いられています。ソトウェアやサービスの成長要因は健在であるため、今後の市場全体の回復に期待が寄せられています。市場を押し上げる要因としては、がんの蔓延、電子カルテ(EMR)などのオンコロジー情報システムの急速な普及などが挙げられます。

牽引要因:癌の発生率および有病率の増加

市場の成長をもたらす要因として、世界的ながん罹患率の上昇が挙げられます。GLOBOCAN 2020によると、2020年の世界の新規がん患者数は1,929万人であり、2040年には47%増の2,840万人に達すると推定されています。また、世界のがんの有病率(5年有病率、つまり過去5年間にがんと共に生活した人の総数)は5,060万人と推定されています。

また、他にも、がん治療費抑制のニーズや、電子カルテ(EHR)やその他のオンコロジー情報システムの採用拡大など、市場のさらなる成長に重要な役割を担っている要因が存在しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]