PET樹脂発泡体の市場規模、2027年に5億300万米ドル到達予測

PET樹脂発泡体の市場規模は、2022年の3億6,100万米ドルからCAGR6.9%で成長し、2027年には5億300万米ドルに達すると予測されています。PET樹脂発泡体は、多様な用途で効率的に機能することで、過去5年間の市場成長に大きく貢献しています。

COVID-19によるPET樹脂発泡体市場への影響

パンデミックは、PET樹脂発泡体市場のバリューチェーンに悪影響を及ぼし、2020年の市場にマイナスに反映しています。

海洋産業への影響

腐食は、海洋産業における支出を増やす懸念事項です。海洋産業のサンドイッチ複合構造に使用されるPET樹脂発泡体は、金属や木材のように腐食することがなく、この課題を最小限に抑えるのに役立っています。

コロナウイルスの大流行は、貨物輸送にさまざまな課題をもたらし、世界中の荷主や輸送会社に影響を与えました。海運業者の損失は、新造船の購買力にも影響を及ぼすと考えられます。その結果、新型マリンの生産に影響を与え、PET樹脂発泡体の市場成長にもマイナスの影響を与えることが予想されます。その後、2021年には出荷サービスが再開される見込みであるため、この影響は短期間であると思われます。

牽引要因:軽量化車両の需要拡大

軽量車両の需要増と燃費の向上は、2027年までPET樹脂発泡体の需要を促進すると予想されます。自動車の総重量を減らすために、先進材料や熱可塑性プラスチックが使用されています。PET発泡体は、成形が容易で大量生産が可能なため、自動車の軽量化のための理想的なソリューションとして金属部品の代替となっています。

抑制要因:代替品との競争激化

ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリメタクリルイミド(PMI)、スチレンアクリロニトリル(SAN)など、いくつかのコアフォームが、加工や形状が簡単で、重量に対する高い強度を提供しています。これらの発泡体は、海洋、風力エネルギー、輸送、航空宇宙・防衛などの幅広い用途で使用されており、PET樹脂発泡体の代替品となる可能性があります。したがって、代替品が利用可能であることが、市場成長の主な抑制要因と考えられます。

市場機会:再生材料使用の傾向

環境への関心と持続可能性により、産業界全体でリサイクル可能な材料への需要が高まっています。PETはPSに比べ安全性が高く、毒性も低いため、3A Composites(米国)やDiab Group(スウェーデン)などの市場関係者は、PET樹脂発泡体を提供することで、最新の市場動向に対応するための努力を続けています。世界的なリサイクル材料使用の傾向は、PET樹脂発泡体の市場機会として作用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]