非肉成分の市場規模、2027年に467億米ドル到達予測

非肉成分の市場規模は、2021年の366億米ドルからCAGR4.2%で成長し、2027年には467億米ドルに達すると予測されています。非肉成分の添加によってもたらされる製品特性は、これらの成分が減少または除去された場合、変化する可能性が高く、その量の微小な変化により製品の特性が変化するため、ほとんどの加工肉に不可欠な成分となっています。

牽引要因:コンビニエンスストアの消費拡大が肉加工食品と非肉加工食品の市場成長を促進

スナック文化の広がりにより、ポテトフライやビスケットなどの典型的なスナック食品に代わる健康的な選択肢として、肉を使ったスナックが人気を集めています。ミートバーは、高タンパクで未知の成分が少なく、新しいタイプのプロテインバーで、近年ますます人気が高まっています。プロテインバー製造会社はここに大きなチャンスを見出しています。多くの顧客は肉が天然のタンパク質源であると知っており、これがミートプロテインバーの需要を高めている理由の1つです。

抑制要因:家畜の疾病の発生が加工肉サプライチェーンに悪影響を及ぼす

病気の発生は、業界および加工肉市場にとっての制限と考えられています。動物インフルエンザの流行は、世界中の加工肉や食肉製品の販売に多大な影響を与え、その結果、人々は食習慣を変え、魚介類や狩猟動物などの食品カテゴリーに移行する傾向があります。

市場機会:新製品開発のための技術の追求

世界の非食肉加工食品市場は、先進国の食肉加工食品に対する需要の高まりとともに拡大しています。機能性非肉成分市場の大幅な成長は、加工肉製品に対する消費者の変化に起因しています。

課題:食肉代替物に対する需要増

食肉の生産と加工に関する国際的な問題が消費に影響を与えています。家畜伝染病の発生や馬肉関連の不祥事などの事件は、食肉消費者の心理にマイナスの影響を及ぼしています。これらの事件は、食肉や食肉加工品よりも食肉代替品を選択する消費者の変化につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]