神経修復および再生の市場規模、2027年に116億米ドル到達予測

神経修復および再生の市場規模は、2022年の65億米ドルからCAGR12.1%で成長し、2027年には116億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、神経障害の有病率の増加、老年人口の増加、神経損傷の高い発生率、神経障害研究に対する政府支援の増加によってもたらされています。

COVID -19による神経修復および再生市場への影響

COVID-19は、世界の多くの国で医療サービスを混乱させています。このパンデミックの、神経修復および再生市場への影響は、生体材料分野に集中することが予想されます。神経学的合併症に関連する手術の数は減少し、COVID-19関連の治療、研究に集中しました。また、封鎖規制により神経損傷の症例も減少しました。バイオマテリアルの需要も減少しており、自動車事故、裂傷、貫通外傷、伸展・圧潰外傷や骨折、火傷、銃創などによる末梢神経修復・神経損傷に使用されています。末梢神経損傷の原因としては、自動車事故が最も多くなっています。しかし、COVID-19の蔓延を抑えるために実施された規制により、車の交通量は減少し、その結果、交通事故も減少しています。

牽引要因:神経損傷の高い発生率や、神経疾患に対する政府研究費の増加

神経疾患の有病率の上昇と神経損傷の症例数の増加が、神経修復および再生製品の大きな需要となっています。また、世界的に老年人口が増加しており、膨大な数の老人が神経関連疾患を患っていることが、市場成長の原動力となっています。市場関係者や研究者は、次世代神経刺激装置などの神経刺激および神経調節技術の進歩に力を入れており、先進的な製品や最新の技術を導入するための企業間の協力が市場の成長を後押ししています。また、その研究に対する政府の投資が、市場成長をさらに押し上げています。

新興市場:神経修復および再生における幹細胞治療の進展

インド、中国、ブラジルなどの新興国は、膨大な人口、神経疾患の発生率の増加、医療インフラや支出の改善により、有利な可能性を提供しています。また、神経修復や再生を目的とした幹細胞治療の研究がいくつか行われており、市場に大きな成長の機会を提供しています。神経学分野における研究活動は、ここ数年で活発化しており、増加傾向にあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]