細胞解析の市場規模、2027年に286億米ドル到達予測

細胞解析の市場規模は、2022年の177億米ドルからCAGR10.1%で成長し、2027年には286億米ドルに達すると予測されています。細胞ベースの研究活動に対する資金調達の強化、創薬における細胞ベースアッセイの採用、創薬活動の増加などが、細胞解析市場の成長を牽引しています。細胞ベースのアッセイアプリケーションの拡大、COVID-19パンデミックの発生、新興国による有利な機会の提供などが、市場成長をさらに後押ししています。一方、洗練された細胞解析装置の高い価格設定と、試薬の使用に関する制限が、市場の成長を制限することが予想されます。

牽引要因:創薬におけるセルベースアッセイへの嗜好の高まり

動物実験プロトコルを含む従来の医薬品安全性評価方法は、コストが高く、スループットが低く、多くの時間を必要とします。最新のセルベースアッセイでは、動物モデルと細胞培養の長所を組み合わせることで、早期スクリーニングにおけるリード化合物同定の効果を高めることができます。さらに、セルベースアッセイは費用対効果に優れ、創薬を加速するソリューションを提供できることで、市場の成長を後押ししています。

抑制要因:装置の高コストと試薬の使用に関する制限

ハイコンテントスクリーニング(HCS)のような高度な細胞解析技術は、機器のコスト上昇を招いています。さらに、各HTS プロセスに関わる価格と期間は、標的分子の複雑さに左右されます。したがって、新しい細胞解析ソリューションを利用することができるエンドユーザーは限られています。例えば、製薬会社やバイオ製薬会社は研究開発の最前線にいますが、学術研究機関では予算上の制約から、このような高価な装置を購入することは難しく、細胞解析装置の導入はある程度妨げられ、市場の成長を抑制することになります。

市場機会:新興国

アジアの新興国は、原材料のコストが低く、市場拡大のための有益な機会を提供しています。さらに、アジア太平洋地域の多くの政府当局は、COVID-19パンデミックの発生後、ライフサイエンス研究に注力しています。例えば、日本では、グローバルヘルス革新技術(GHIT)基金が官民連携で創薬のための研究開発活動に資金を提供しており、感染症に関連する化合物ライブラリのスクリーニングも行っています。新薬開発のための研究開発費は、世界の細胞解析アッセイ産業の重要な成長要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]