海藻タンパク質の市場規模、2027年に11億3,100万米ドル到達予測

海藻タンパク質の市場規模は、2022年の5億8,500万米ドルからCAGR14.1%で成長し、2027年には11億3,100万米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、消費者の健康意識の高まりに牽引されると推定されます。海藻タンパク質は、植物性肉や植物性タンパク質サプリメントなどの食品への用途増加により、大規模な成長を観察しています。食品と栄養業界は、より持続可能な方法で植物ベースのタンパク質を消費するため、代替タンパク質源に対する消費者の嗜好に焦点を当てています。

牽引要因:海藻ベースのタンパク質に対する意識の高まり

セルフケアは、現代の消費者のライフスタイルの重要な要素に発展しており、健康や免疫に重点を置くようになった結果、人々は食生活を大幅に改善するようになりました。ビタミン、ミネラル、免疫力を高める食事、オーガニック製品、サプリメント、その他の栄養補助食品などに、人気が出てきています。現在の疫病の流行により、免疫力の重要性に対する認識は高まっており、免疫システムがしっかりしていれば、病気や感染症の可能性や重症度を最小限に抑えることができると、理解されるようになりました。海藻プロティエンベースの食品素材は、代替タンパク質源に対する顧客の要望が高まっているため、コンビニエンスフードや健康飲料で高い需要があります。海藻は、ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、バリンの9つの必須アミノ酸すべてを含んでいるため、完全なタンパク質源と見なされます。これらはすべて、タンパク質合成、組織修復、栄養吸収に不可欠です。海藻は、総タンパク質レベルに関係なく、総アミノ酸含有量の最大50%を占め、トリプトファン、メチオニン、およびロイシンが藻類タンパク質の最も一般的な制限アミノ酸で、全体的なタンパク質含有量だけでなく、アミノ酸構成のためにも貴重なタンパク質源です。Teagascの研究者は、これらの海藻タンパク質の一部を、機能性食品に使用することで、人間の基本的な栄養状態を超えた健康上の利点をもたらす可能性があることを発見しました。海藻は生物活性ペプチドの供給源であり、血圧を下げ、心血管疾患を予防することができます。

抑制要因:海藻中のいくつかのアミノ酸(EAA)の低濃度

海藻のアミノ酸構成には、種、保存方法、抽出手順、季節の変化、海藻が育つ環境など、さまざまな要因が影響します。硫黄含有アミノ酸を除くと、海藻は重要なアミノ酸を多く含みません。タンパク質の質は、消化率と重要なアミノ酸の利用可能性に基づいて大幅に変化する可能性があります。動物性タンパク質源は、人体が生成できない高濃度の必須アミノ酸(EAA)を含んでいるため、完全なタンパク質と見なされることがよくあります。一方、植物性タンパク質は、ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、バリンなどの重要なアミノ酸を欠くため、不十分なタンパク質源と見なされることがあります。海藻は、トウモロコシや大豆などの一般的な供給源よりもバイオマスベース全体のEAA濃度がはるかに低いため、単胃動物の複合ミールのタンパク質供給源としては不適切です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]