除草剤用薬害軽減剤の市場規模、2027年に16億米ドル到達予測

除草剤用薬害軽減剤の市場規模は、2022年の11億米ドルからCAGR7.5%で成長し、2027年には16億米ドルに達すると予測されています。除草剤で処理された作物が人間の健康や環境に及ぼす影響が、除草剤用薬害軽減剤市場の需要を押し上げています。多くの国、特に欧州連合と北米では、除草剤の使用を抑制するために、厳しい規制の枠組みを策定しています。除草剤の毒性の問題に対処するために、持続可能な除草剤と薬害軽減剤の組み合わせを開発する必要性が高まっており、同市場における新製品開発の機会として機能しています。

牽引要因:除草剤による農作物の被害事例の増加

除草剤用薬害軽減剤は、作物を除草剤の害から選択的に保護しながらも、不要な雑草に対する除草剤の活性を低下させることはありません。この薬害軽減剤は、作物と雑草の選択精度を向上させ、混合物として除草剤と一緒に散布するか、作物の種子処理として散布することが可能です。英国のIACR-Long Ashton Research Stationが行った研究によると、除草剤を散布する前に除草剤用薬害軽減剤の無水ナフタリン(NA)を種子処理した植物は、未処理の種子と比較して被害が少ないことが推論されています。

除草剤用薬害軽減剤は、収穫量や品質の面でより良い結果を得るために、作物の出芽前および出芽後の処理に使用されます。このように、除草剤による作物への被害に関する事例の増加と意識の高まりが、除草剤用薬害軽減剤の需要を後押ししています。

抑制要因:除草剤の残留に関する問題

除草剤の分解には微生物の助けを必要とするため、十分な時間、土壌中の水分、温度が必要になります。除草剤の中には、分解が早いものや土壌と強固に結合し、翌シーズンに栽培される作物に問題を及ぼさないものもある一方で、分解に時間がかかる除草剤などは、散布後何シーズンも残留することがあります。これらの残留物は、次の季節に栽培される作物を傷める可能性があります。再作付に制限が課されている除草剤は、残留除草剤と呼ばれます。除草剤の残留は、注意深く監視・管理しなければ、植物に深刻なダメージを与える可能性があり、国や地域ごとに、植物防護製品が食用作物に与える最大残留基準値(MRL)が定められています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]