コンテンツサービスプラットフォームの市場規模、2027年に1,016億米ドル到達予測

コンテンツサービスプラットフォームの市場規模は、2022年の489億米ドルからCAGR15.8%で成長し、2027年には1,016億米ドルに達すると予測されています。同市場の主な成長要因は、先端技術への投資の増加によるものです。アジア太平洋地域では、モバイルインフラの整備に伴い、モバイルワーカーやBYOD(Bring Your Own Device)トレンドが急速に拡大しており、コンテンツサービスプラットフォームソリューションの利用拡大につながることで、アジア太平洋地域のコンテンツサービスプラットフォーム産業の成長を高めると予想されます。

COVID-19のコンテンツサービスプラットフォーム市場への影響

COVID-19の流行により、物理的な接触がコミュニケーションの手段として受け入れられなくなったため、世界中の企業や組織は、生産を維持するためにコンテンツサービスプラットフォームに移行しています。さらに、欧米を含む先進国では、すでに不要不急の人員に無期限でバーチャルに働くことを義務付けている企業もあります。こうした要素がすべて揃い、同市場の成長を支えています。クラウドやAIなどのテクノロジーは、COVID-19のパンデミック時に開発の機会を提供することで企業の成長を支えてきましたが、マンパワー活動が低下し、地域の労働構造にダメージを与える可能性があります。世界的封鎖により、北米地域の旅行業や接客業は収入が減少しています。COVID-19の流行による在宅勤務の考え方は、音声およびビデオ会議用のWI-Fiなどのデータ接続の使用を押し上げ、その結果、モバイルデータトラフィックが増加したことで、多くの電気通信サービスプロバイダーに負担を強いています。

牽引要因:SMAC技術の採用拡大

企業は、ビジネスプロセスの合理化、より良い顧客満足の提供、深い洞察の獲得を目的として、革新的なテクノロジーを導入してきました。近年、さまざまな組織でソーシャル、モバイル、アナリティクス、クラウド(SMAC)技術の採用が増加しています。これらは、組織のあらゆる側面に影響を与えるため、コンテンツサービスプラットフォーム市場の主要なドライバーとなることが期待されています。コンテンツサービスプラットフォームは、企業が目的を達成するために、様々なソフトウェアソリューションを他のアプリケーションやプラットフォームと統合する能力を提供します。また、ITアプリケーションは、SMAC技術によるデジタルトランスフォーメーションが進行しています。今日、ソーシャルメディアプラットフォームは、避けて通れない存在となっています。組織のソーシャルプレゼンスは、情報やコンテンツを簡単に共有し、顧客とコミュニケーションしてリアルタイムのフィードバックを得るのに役立ちます。モバイルアプリケーションは、顧客が遠隔地からアプリケーションを操作できるようにするため、顧客エンゲージメントを高めることができます。企業は、スマートフォンでコンテンツのライフサイクル全体を管理できるようになり、コンテンツ管理者はリアルタイムでビジネス上の意思決定を行うことができるようになりました。高度な分析により、企業は意味のある文脈的な洞察を引き出し、より賢明なビジネス上の意思決定を行うことができます。さらに、クラウドコンピューティングの影響により、ソフトウェアベンダーは、移植性、セキュリティ、信頼性、拡張性などの機能から、自社のソリューションやPaaSをクラウド上で提供するようになっています。そのため、SMACテクノロジーは、あらゆる企業にとって最適なプラットフォームを提供することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]