濃縮果汁の市場規模、2027年に937億米ドル到達予測

濃縮果汁の市場規模は、2022年の737億米ドルからCAGR4.9%で成長し、2027年には937億米ドルに達すると予測されています。濃縮果汁は、果汁から水分を除去して、貯蔵、出荷、小売店での再販に適した状態に加工したもので、健康的な製品に対する消費者の嗜好と、果汁やネクターの消費拡大によって牽引されています。濃縮果汁はノンアルコール飲料の製造に多く使用されています。

牽引要因:濃縮果汁の特徴とする持続可能性

植物性飲料、炭酸水、エネルギー飲料などの機能性飲料、レディトゥドリンク飲料を中心に、市販飲料への需要が世界的に高まっています。飲料の製造には、安全な原材料の調達と、費用対効果が高く持続可能な多段階処理による最終製品の特性維持が必要です。業界では、ここ数年、持続可能性の傾向が強まっており、有機栽培や地元農産物の使用などの傾向を含め、環境への影響を考慮したいくつかの目標に関連しています。さらに、最近では、メーカーが消費者の要求を真摯に受け止め、化学物質や保存料の少ない、より健康的でダイエットに適した製品の拡充に取り組み始めています。

世界的な食糧不安の高まりにより、余剰地から飢餓地までの食糧輸送の効率化が求められています。ミレニアル世代とZ世代は、サプライチェーン全体で持続可能性を達成することを望んでいます。例えば、サステナブルトレードイニシアチブ(IDH)は、企業、CSO、政府を官民パートナーシップで結びつけ、加工フルーツと野菜の分野で、持続可能な生産と加工方法を開発し、より良い環境管理に貢献し、労働者の生活改善を目標として活動しています。サステナブルジュース規約は、2030年までに果物や野菜由来のジュース、ピューレ、濃縮物の調達、生産、取引を100%持続可能なものにするための世界的な取り組みです。

抑制要因:NFCジュースの需要急増

NFC(Not From Concentrate・ストレート果汁)ジュースは、果物を果汁に加工したもので、適切な温度で保存すれば2年間は日持ちするという利点がある。NFCジュースの需要が高まっている背景には、消費者の嗜好が量から栄養へと変化していることがあります。また、ジュースの「純粋さ」と「本物らしさ」が消費者の購買意欲に好影響を与えていることも、需要を後押しする要因となっています。NFCジュースは、開ける、注ぐ、飲むの3段階の消費プロセスの、消費者にとってより便利な製品であることが証明されています。一方、NFCジュースは高級ジュースとみなされ、通常のジュースに比べて価格が高く設定されています。また、他の飲料に比べて糖分が少ないことから、炭酸飲料の代替商品にもなっています。NFCジュースは健康で高級な果実飲料として販売されることで、濃縮果汁市場の成長を抑制する要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]