CNSL(カシューナッツ殻液)の市場規模、2027年に5億6,400万米ドル到達予測

CNSL(カシューナッツ殻液)の市場規模は、2022年の3億9,300万米ドルからCAGR7.5%で成長し、2027年には5億6,400万米ドルに達すると予測されています。化学および石油化学産業からの需要の増加、様々な用途の天然資源に対する需要の高まりが、世界的に市場を大きく牽引しています。

牽引要因:多様なアプリケーションからの需要の増加

界面活性剤は複数のメカニズムによって効率を向上させます。農薬におけるCNSLベースの界面活性剤の選択は、除草剤、成長調整剤、枯葉剤の葉面への吸収を増加させるなど、重要な役割を担っています。

環境に優しい製品に対する需要に応えるため、多くの企業がグリーンケミストリーへの関心を高めており、パーソナルケア産業は新たな局面を迎えています。CNSLベースの界面活性剤は、スキンケア、ヘアケア、軟膏、ジェル、クリーム、その他の化粧品など、パーソナルケア製品の重要な成分の1つとなっています。パーソナルケア産業は、人口の増加に加え、消費者の支出の増加により、急速に成長しています。中国、インド、ブラジルなどの新興国では小売業が組織化されつつあり、この事も、パーソナルケア産業の成長に寄与しています。消費者の嗜好の変化に対応するため、業界は継続的に進化を続けています。

抑制要因:不安定な原材料価格

原材料の価格と入手可能性は、メーカーが製品のコスト構造を決定する際の重要な要素になります。この業界で使用される原材料には、プラスチック樹脂、合成ゴム、無機化学品、工業用無機化学品、石油精製品などがあり、原材料の多くは石油を原料とする誘導品で、商品市況の変動の影響を受けやすいものです。最近の原油価格は非常に不安定です。

市場機会:バイオベースおよび持続可能なグリーン製品への需要の高まり

石油化学製品から生産されたものは、環境に有害な副産物や二酸化炭素を排出します。この事から、さまざまな種類の無害で環境にやさしい製品が製造されるようになりました。その結果、バイオベースのソリューションを合成する生産が行われるようになりました。バイオベースの製品は、二酸化炭素排出量の削減に加え、消費者の幅広いご要望に沿った調合が可能です。生分解性製品の利点に対する意識の高まりは、革新的な製品の開発につながり、市場に成長機会をもたらすと期待されています。また、製造企業は、斬新な製品や技術を開発することで、常に需要の変化に適応しています。バイオベース製品は、各社が注力している分野の一つです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]