モーションコントロールの市場規模、2027年に200億米ドル到達予測

モーションコントロールの市場規模は、2022年の155億米ドルからCAGR5.2%で成長し、2027年には200億米ドルに達すると予測されています。製造工程における産業用ロボットの需要の高まり、モーションコントロールシステム内のコンポーネントの使いやすさと統合は、市場の成長を促進する主な要因となっています。さらに、製造企業によるインダストリー4.0の採用も、市場成長のための機会となっています。

COVID-19のモーションコントロール市場に与える影響

COVID-19発生以前は、製造設備の自動化に必要なモーションコントロールは、高い需要がありました。しかし、このパンデミックの発生により、2020年、市場は大きな打撃を受けることになりました。その後、将来的にパンデミックへの耐性を向上させるために、製造業における自動化、デジタル化、人工知能(AI)採用の必要性が高まっています。サプライチェーンの混乱や社会的距離規範に起因する製造活動の停止により、業界プレーヤーは、さまざまなソリューションを模索しています。危機的状況におけるオートメーションやロボティクスの導入は、人手への依存を減らし、生産性を向上させ、工場閉鎖の可能性を低減することができます。デジタル化やAIなど他の技術とともに自動化を採用することで、産業界は人間の監視を必要とせずに、生産を継続できるようになります。

牽引要因:メーカーによる産業用ロボットへの需要の増加

製造施設におけるロボットの使用は、高い割合で増加しています。ロボットは、マテリアルハンドリング、加工作業、組立・検査に使用されています。ロボット工学では、適切な機能を実現するために多くのモーションコントロールソリューションが利用されており、産業用ロボットは、複雑な製造工程の軽減に役立つため、その需要は拡大しています。すべての産業用ロボットには何らかのモーションコントロールが搭載されており、性能の向上、コスト削減、製造工程における新たな機能の実現に役立っています。産業用ロボットは、組立、梱包、ピッキング、パレタイズなど、さまざまな機能を担っており、DCモーター、サーボモーター、モーションコントローラーなどの電子部品は、重要な役割を担っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]