グリコール酸の市場規模2027年に4億5,000万米ドル到達予測

グリコール酸の市場規模は、2022年の3億2,700万米ドルからCAGR6.6%で成長し、2027年には4億5,000万米ドルに達すると予測されています。グリコール酸は、天然または合成ルートから得られるα-ヒドロキシル酸(AHA)の一種で、純度を変えてケミカルピーリング、アンチエイジングクリーム、ヘアケア、スキンケアクリームなどの用途に広く使用されています。近い将来、最終用途からの需要増加により、同市場は拡大することが予想されます。

牽引要因:化粧品業界におけるグリコール酸の需要拡大

化粧品業界やパーソナルケア製品におけるグリコール酸の需要の高まり、アンチエイジング、汚染防止、市販のスキンケア製品の成分として、今後も市場を牽引していくと思われます。分子構造が小さいため、皮膚に素早く効果的に浸透する能力を持ち、死んだ皮膚の層を洗浄し剥離することにより、汚染やその他多くの悪影響を排除するのに役立ちます。アンチエイジングや汚染防止のためのスキンケア・クリーム、洗顔料、ジェル、スクラブなどにグリコール酸を使用すると、にきびや色素沈着、小じわ、傷跡、その他の加齢による肌の跡やシミを減らすことができます。こうした要因以外にも、グリコール酸ベースの市販スキンケア製品(クリーム、トナー、マスク)の需要増加や、皮膚科疾患の増加による角質溶解剤の市場拡大が、グリコール酸市場をさらに牽引すると考えられます。グリコール酸は、皮膚の主要な構造成分であるケラチンを軟化させる能力があるため、皮膚疾患の治療に最もよく使用される角質溶解剤で、天然素材の化粧品やパーソナル製品の人気が高まっていることも、グリコール酸市場の推進要因となっています。

抑制要因:グリコール酸ベースの化粧品の引き起こす肌トラブル

グリコール酸は水溶性のアルファヒドロキシ酸で、さまざまな化粧品やパーソナルケア製品の処方で化学成分として使用され、その有機的な性質と高い剥離特性により、スキンケアやヘアケア製品の成分として好まれています。一方で、特性が有する皮膚へのダメージは市場成長の抑制要因となり得ます。グリコール酸は一般的に、日焼け止めクリームを重ね、正確な割合で使用することが推奨されていますが、これを怠ると、深刻な肌ダメージやその他の問題を引き起こす可能性があります。グリコール酸の使用に関連する最も一般的な問題は、その濃度に関係なく、皮膚のチクチク感や火照りです。さらに、製品に使用されているグリコール酸の濃度に応じて、一時的または長期的に続く皮膚の赤み、痂皮、かさぶた、乾燥、剥離などが問題として挙げられます。また、肌の色の変化も、まれではありますが深刻な問題として見受けられます。グリコール酸溶液を化粧品の成分として使用する場合、メーカーは溶液の濃度に注目する必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]