データマネタイゼーションの市場規模、2027年に73億米ドル到達予測

データマネタイゼーションの市場規模は、2022年の29億米ドルからCAGR19.5%で成長し、2027年には73億米ドルに達すると予測されています。COVID-19パンデミック後、予測的・予見的分析を顧客に提供し、ビジネスプロセスを簡素化することでコスト削減を可能にする新しい技術が出現しました。このデータの収益化方法は、顧客に最大の価値をもたらし、実用的な分析アプリケーションの構築・拡張や、他のアプリケーションとの統合を可能にしました。世界的な景気減速にもかかわらず、サブスクリプション企業の約50%は、COVID-19の流行による悪影響を受けることなく、従来のペースで拡大しています。

COVID-19のデータマネタイゼーション市場への影響

COVID-19により、データ生成量の増加とデータストレージコストの低下が起こっています。企業は、膨大な量のデータを低コストで保存することを望んでいます。IT企業がデータストレージをオールフラッシュアレイに移行する背景には、回転(ハード)ディスクストレージと比較してフラッシュメディアの密度が驚異的であることを理由にしています。フラッシュは、スペース、電力、冷却、ホスティング料金の大幅な節約など、さまざまなメリットを提供します。また、重複排除、圧縮、シン・プロビジョニングなどの技術により、ストレージの効率性を高めることができます。在宅勤務への移行に伴い、クラウドへのネットワーク整備と、リモートワークのスタッフへのアプリケーション配信が必要になります。クラウド技術は、結果的として従業員により良い労働体験を提供することになります。Snowflake Computing社の調査によると、データの柔軟性の欠如が、データおよび分析チームにとっての最大の課題であることが判明しています。経営幹部は、既存の分析インフラは柔軟性に欠け、ビジネスリクエストが難しいと指摘しています。

牽引要因:ビジネスデータの量と種類の増加

ここ数年、組織内で生成されるデータは、デジタル化、IoT、従来技術の進歩などにより、量だけでなく種類も増加しており、95%相当の企業は、非構造化データを扱う際の問題を指摘しています。インターネットに接続されたデバイスは、データを生成する主な要因となっており、このような接続機器の使用は、今後ますます増加し、膨大な量のデータを生成することになると予想されます。生成されたデータは、様々な場所に異なるフォーマットで保存されるため、データへの迅速なアクセスは複雑なプロセスとなっています。また、クラウド、SaaS(Software-as-a-Service)、IoTなど、さまざまなアプリケーションの進化も、過大なデータ生成の要因となっています。その結果、データをリアルタイムで利用するためには、さまざまなソースからの管理・統合することが極めて重要になります。データ収益化ソリューションは、意思決定の改善や、利用可能なデータを収益化して新たな収益源を見出すための方法などを提供することで、データマネタイゼーション市場の成長を支えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]