デスクトップ仮想化の市場規模、2027年に1億米ドル到達予測

デスクトップ仮想化の市場規模は、2022年の123億米ドルからCAGR10.3%で成長し、2027年には201億米ドルに達すると予想されます。デスクトップ仮想化により、従業員は企、業のコンピューティング・リソースに簡単にアクセスできるようになり、インターネット接続が可能なデバイスから、いつどこからでも仕事ができるようになります。

COVID-19のデスクトップ仮想化市場への影響

COVID-19により、リモートワークへの急激なシフトが発生しました。そのため、ビジネスの円滑な運営を支援するためVDIソリューションが採用されました。その後、仮想デスクトップ基盤ソリューションの成熟に伴い、VDIの市場は進化を続け、コストが安く、安定性の高い特徴をもつ仮想化の発展がより期待されるようになりました。

牽引要因:企業のコスト削減

競争の激しい市場と経済的プレッシャーにより、企業はIT支出を減らし、コアビジネス分野に集中するための企業向けソリューションの導入を進めています。2007年の景気後退以降、このトレンドは重要性を増し、世界中の企業が目標を達成するために動き出しています。大企業とは別に、北米の中小企業(SMB)には、従来のデスクトップシステムから仮想デスクトップワークスペースへの移行も見受けられます。

VDIは、従業員がどこでも一貫して安全に仕事ができる手段を提供することで、職場のPCや高価なハードウェアの数を減らし、そのメンテナンス費用を削減することができます。また、主要なアプリケーションやアップデートはサーバーやクラウド上に配置し、ユーザーにアクセス権を提供することで、VDI導入による複数のアプリケーションにかかる費用を削減することができます。したがって、デスクトップ仮想化ソリューションは、ハードウェアとそのメンテナンスにかかる費用の削減を可能にし、その採用率が高まることが予測されます。

抑制要因:システムの複雑性と互換性の問題

デスクトップ仮想化はさまざまな利点をもたらしますが、その導入は容易ではありません。複数の仮想デスクトップインスタンスを生成するには、互換性の高いインフラとソフトウェア構成が必要であり、その対応にはコストと複雑さが伴い、大規模な計画が必要になる可能性があります。さらに、仮想デスクトップは、オペレーティング環境とともにすべてのデスクトップが仮想的にロードされ、ネットワーク上でストリーミングされるため、かなりの量の帯域幅を必要とします。システムの複雑さと互換性の問題が、デスクトップ仮想化ソリューションの採用を制限しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]