特殊食品成分の市場規模、2027年に1,962億米ドル到達予測

特殊食品成分の市場規模は、2022年の1,482億米ドルからCAGR5.8%で成長し、2027年には1,962億米ドルに達すると予測されています。EU Specialty Food Ingredientsによると、特殊食品成分は一般的に、食感の保持、色の乳化、加工への支援、生産される食品への健康面の付加を行い、消費者に提供される加工食品を保証する要になると言われています。また、ビタミン、ミネラル、酵素などの微量成分から、特定のタンパク質、脂肪、炭水化物、繊維、その他の物質などのマクロ成分までさまざまなものがあり、技術的、栄養的、健康的、持続的に、安全で、おいしく、手頃な価格での食品の提供を実現しています。

特殊食品成分市場は、金額、数量的にも世界的に成長しているビジネスであり、この成長の背景には、食品&飲料、医薬品、化粧品、パーソナルユース製品に幅広く使用されていることが挙げられます。これは、米国食品医薬品局(FDA)、酵素技術協会(ETA)、欧州食品安全機関(EFSA)、製造業者協会、カナダ食品検査庁(CFIA)、オーストラリア食品基準ニュージーランド(FSANZ)、各地域の農水省など、さまざまな事業規制機関の存在が大きいと言えます。

牽引要因:健康意識の高まりによる栄養強化食品消費の広まり

食品強化は、健康、経済、社会的な利益を実証する費用対効果の高い戦略です。栄養強化食品の世界的な需要は確実に拡大しています。2008年と2012年、コペンハーゲン・コンセンサスは、食品強化を最も費用対効果の高い開発優先事項の1つに位置づけています。食品成分と栄養に関する消費者の意識の高まりは、COVID-19の発生にも起因しており、特殊食品成分市場を牽引しています。2019年、国際食品情報評議会財団(IFICF)は、食品および飲料の、表示要件に関する調査を実施しました。

多国籍食品企業は、アジア太平洋地域および世界市場における栄養不足に対処するため、食品強化に関するさまざまな措置を講じています。Nestlé(スイス)やUnilever(英国)などの企業は、自社の食品に微量栄養素と多量栄養素の両方を添加する提携アプローチをとっています。Nestléは、栄養不足への対処用に、穀物などの製品の強化に、インドの生物学的栄養強化プログラムおよび農業研究パートナーとの提携を行いました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]