圧力トランスミッタの市場規模、2027年に35億米ドル到達予測

圧力トランスミッタの市場規模は、2022年の29億米ドルからCAGR3.6%で成長し、2027年には35億米ドルに達すると予測されています。利用可能なリソースを最適に活用するための産業用オートメーションへの注目や、リアルタイムのデータ分析および予知保全への注目が高まっていることが、圧力トランスミッタ市場の成長を促す要因となっています。さらに、産業用モノのインターネット(IIoT)とインダストリー4.0技術の統合が進み、プロセス産業の可能性が拡大していることで、圧力トランスミッタの需要を促進することが期待されています。

COVID-19による圧力トランスミッタ市場への影響

COVID-19の発生は、2020年の最初の1~2ヶ月の間、圧力トランスミッタ市場の成長に影響を与えました。このパンデミックは、米国、ドイツ、中国、英国などの企業の業務を混乱させ、財務上の支障をきたしました。その影響で、多大な損失に直面し事業を停止せざるを得なくなった企業もあります。

その後、さまざまな産業で操業が再開され、圧力トランスミッタの需要の急増が目撃されています。COVID-19パンデミックは、圧力トランスミッタ市場のバリューチェーンに大きな影響を与えたものの、その後、市場は復活しております。2021年の圧力トランスミッタ市場では、米国、中国、ドイツが高いシェアを占めました。石油・ガス、水・排水処理、化学、食品・飲料などのプロセス産業全体で、資源の最適な利用を目的とした自動化が進んでおり、リアルタイムデータ解析や予知保全の必要性が、ポストパンデミック期の市場を牽引しています。

牽引要因:産業用オートメーションへの注目の高まり

産業用オートメーションシステムは、人間の介入を排除し、作業、無駄、人件費の削減、ダウンタイムと不正確さの最小化し、プロセス品質の向上、応答・処理時間の短縮に貢献します。圧力トランスミッタは、正確なプロセス測定を保証し、安全性と生産性を高める、産業オートメーションスイート内の測定および分析部門の現場機器の1つです。また、圧力トランスミッタは、生産性をあげ、パターンを特定し、不安事象を防止するために監視・記録し、製造プロセスの効率化とともにメンテナンス要件を軽減することで、全体的な生産性を向上させます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]