MDR(マネージドディテクション&レスポンス)の市場規模、2027年に56億米ドル到達予測

MDR(マネージドディテクション&レスポンス)の市場規模は、2022年の26億米ドルからCAGR16.0%で成長し、2027年には56億米ドルに達すると予測されています。市場成長の要因としては、熟練したサイバーセキュリティ専門家不足への対応、予算の制約、政府の規制、各セグメントにおけるMDRサービスの採用に関するコンプライアンスの厳格化などが挙げられます。しかし、サードパーティアプリケーションへの信頼や最新のITインフラのなどへの欠如が、市場成長の妨げになると予想されます。

COVID-19のMDR市場における影響

2020年のCOVID-19の大流行により、様々なサイバー脅威や攻撃に対処するためのMDRソリューションの需要が企業間で高まっています。パンデミック時には、銀行・金融サービス・保険(BFSI)、ヘルスケア、政府、IT・ITESなどにおけるデジタルトランスフォーメーションが活発化し、また、リモートワークの導入により、Webやクラウドのトラフィックも増加したため、MDRソリューションやサービスが各セクターで活況を呈しました。

牽引要因:ビジネスメールの漏洩、ランサムウェア、クリプトジャッキングの脅威の増加

暗号通貨コインマイナーを展開するためのWebアプリの悪用は、2021年にインターネットが必要とした無料のレッドチームでした。クリプトジャッキングの発生により、企業は脆弱なシステムにパッチを適用するよう求められました。これは、ランサムウェアの侵入口の排除に役立ちます。Expelが調査したWebアプリの侵害のうち、2021年のコインマイナーの展開に対し、組織は、悪用された脆弱性に100%パッチを適用する推奨アクションを実行しました。Webアプリの侵害の35%が、コインマイナーの展開につながりました。攻撃者は通常、1〜3年前の脆弱性を悪用し、CVE-2019-9193がリストの一番上にあります。さらに、世界中の自動化ソリューションプロバイダーは、セキュリティの専門家との提携を通じて包括的なソリューションの開発に注力しており、業界全体で革新的なMDRサービスの需要が高まっています。

抑制要因:サードパーティアプリケーションへの信頼の欠如

第三者であるMDRサービスプロバイダーにセキュリティ業務を委託する場合、第三者のインフラ自体のセキュリティや管理能力の喪失など、さまざまな懸念事項があります。サービス提供者のサイバーインフラは、最新の脅威にも対応できるよう、セキュリティが確保され、最新の状態にあることが極めて重要です。MDRサービス事業者のインフラは、複数の組織の重要な業務情報や人事情報を保有している可能性があり、繰り返し複雑な攻撃を受ける可能性が非常に高くなります。そのため、企業にとっては、このようなサービスプロバイダーにデータを渡すことを躊躇してしまうことがあります。場合によっては、組織のトップが、このような重要なインフラストラクチャのコントロールを手放したくないと考えるかもしれません。また、隠れたコスト、提供されるサービスの質、文化的・政治的価値観の一致など、サービスプロバイダーへの高い信頼が必要とされるサービスのアウトソーシングにつながる要因もあります。これらの事が、MDR市場の成長を制限する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]