テラヘルツ技術の市場規模、2027年に12億米ドル到達予測

テラヘルツ技術の市場規模は、2022年の6億米ドルからCAGR14.7%で成長し、2027年には12億米ドルに達すると予測されています。半導体産業におけるテラヘルツシステムの採用は、テラヘルツ技術市場の成長を促進する要因の1つとなっています。

牽引要因:小型でエネルギー効率の高いトランシーバーに対する需要

光トランシーバのメーカーは、メトロネットワーク、データセンター相互接続、長距離アプリケーションなど、複雑なネットワークに対応する光トランシーバへの需要から、研究開発に一層注力しています。富士通オプティカルコンポーネント(日本)やBroadcom(米国)などのOEMは、コンパクトで電力消費の少ないトランシーバーを提供している企業です。高速なデータ接続の範囲が広い技術は、小型でコンパクトな光モジュールの市場成長を促進すると予想されます。したがって、パッケージサイズの縮小、データコムおよびテレコムアプリケーションでの展開の加速、決定された標準(IEEE)への依存、コストリーダーシップの戦略、およびモジュールの継続的な開発により、光通信およびネットワーク機器市場における光トランシーバーに大きな成長の可能性を提供しています。

抑制要因:ネットワークの複雑化

複数のプロトコルやプラットフォームの存在や、コンパクトなネットワークに対する一貫した要件により、接続用ICの利用が拡大しています。光通信ネットワークに配備されるIoT(Internet of Things)機器などの新技術を用いた新興製品では、ハードウェアとソフトウェアの両方が重要な役割を担っています。一方で、ICやIoTデバイスの使用は、ネットワークをより複雑にしています。ネットワークの監視・制御のためには、ドロップモジュール、可変光減衰器、タップパワーモニタなどをコンパクトに固定することが求められています。さらに、接続速度の向上や、固定網や無線網での広帯域接続の増加が、ネットワークの複雑化を招いています。これらすべての要因が、よりコンパクトなフォームファクターへのニーズを生み出しています。現在のネットワークインフラは断片的で、消費者中心の共同アプローチよりもドメイン固有の成長に重点を置いています。このことが、光通信およびネットワーク機器市場の抑制要因として作用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]