高度配電管理システム(ADMS)の市場規模、2027年に56億米ドル到達予測

高度配電管理システム(ADMS)の市場規模は、2022年の22億米ドルからCAGR20.2%で成長し、2027年には56億米ドルに達すると予測されています。安全性、信頼性、効率性に優れた統合シングルプラットフォームに対する要望が、高度な配電管理システムに対する需要を後押ししています。所有コストの最小化、CAPEXの最適化、電力損失の削減、標準的なユーティリティシステムの単一化、ネットワークの可視性と透明性の向上、作業者の安全性の向上などのニーズが市場を牽引しています。

COVID-19の先進配電管理システム市場に対する影響

COVID-19による影響は、労働文化を変え、人々は自宅で仕事をすることを余儀なくされました。また、すべてのセグメントに影響を与え、ビジネス管理の方法を完全に覆しました。様々な企業がビジネスをサポートするために新しいソリューションを立ち上げています。各国の規制当局や政府は、国民の生活水準を維持し、在宅勤務文化を支える継続的な電力供給に主眼を置きました。スマートグリッドやユーティリティにおけるADMSソリューションの採用は、COVID-19が拡大する中増加することが予想されます。

牽引要因:統合シングルプラットフォームへの需要の高まり

ネットワーク運用を効率的に行うためにネットワークの複雑性が増していることから、さまざまな企業が統合型シングルプラットフォームの高度配電管理システムを採用するようになっています。このプラットフォームは、すべてのアプリケーション、ソリューション、および関連情報を1つのプラットフォームに統合し、ネットワーク事業者がその運用をシームレスかつ効率的に実行できるようにするものです。高度配電管理システムは、所有コストの最小化、CAPEXの最適化、電力損失の削減、標準的なユーティリティシステムの単一化、ネットワークの可視性と透明性の向上、作業者の安全性の向上を支援します。このように、ADMソリューションは、事業者が停電時間を短縮し、作業員の安全性を向上させ、リアルタイムでネットワークを管理し、その可視性を向上させ、実用性を高めることを支援します。

制約事項:データプライバシーとサイバーセキュリティの懸念

電力とユーティリティは、最もデータクリティカルな分野です。日々の膨大なデータ生成に対し、データを保護するために複数の情報セキュリティレベルを持つ安全性の高いインフラが必要です。同市場では、データプライバシーが大きな関心事となっており、人々は自分の個人情報の安全性と機密性が確認された場合のみ、情報を共有します。スマートメーターやスマートグリッドが受信するデータの扱いは、非常に複雑です。情報を保護するためにセキュリティレベルを上げ、投資判断のためのビッグデータ分析ツールの適用が求められます。市場では、マルチソースグリッドの拡大のために、サイバーセキュリティの脅威を増加させています。サイバーセキュリティ攻撃に関する懸念には、データの機密性の低下と消費者のプライバシーの侵害が挙げられます。スマートグリッドを通じたエネルギー消費、送電、配電に関する情報は、保存と管理が非常に重要になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]