グリーンポリオールとバイオポリオールの市場規模、2027年に69億米ドル到達予測

グリーンポリオールとバイオポリオールの市場規模は、2021年の44億米ドルからCAGR9.5%で成長し、2027年には69億米ドルに達すると予測されています。グリーンポリオールとバイオポリオール市場は、石油を原料とするポリオールの過剰な使用を削減することを目的とした、政府の厳しい規制によって成長を遂げています。建築物や家具・寝具業界における断熱材としてのPU軟質・硬質フォームの生産での需要増や、CASE(コーティング、接着剤、シール材 (結合剤)、エラストマー)用途で広く使用されていることが、市場の成長を牽引すると考えられます。

COVID-19のグリーンポリオールとバイオポリオール市場に与える影響

COVID-19パンデミックは世界に大混乱をもたらし、2020年のGDPに大きな影響を与えました。その後、主要国による規制の縮小により、経済は回復しつつあります。感染症の急速な拡大は、生命と生活の両方を危険にさらし、各国で対応が求められました。この状況は、供給と需要の両方に影響を及ぼしたため、グリーンポリオールやバイオポリオールの供給にも影響が及びました。多くの硬質プラスチック包装材サプライヤーが、この課題に対応するための解決策に注力しています。

推進要因:自動車、家具、建設産業で使用されるポリウレタンへのバイオベースポリオールの使用

ポリウレタンは最も汎用性の高いポリマーの一つであり、硬質および軟質フォームからコーティング、フィルム、その他の製品に至るまで、幅広い用途があります。ポリウレタンの製造には、イソシアネート、ポリオール、その他の添加剤が重要な原料として使用され、その大部分はポリオールが占めています。自動車産業は、バイオベースポリオールの最も重要なユーザーの1つで、従来のポリオールと比較して、自動車の座席やヘッドレストなどの成形発泡体の耐荷重性や硬度特性を向上させることができます。原材料を金型に流し込み、反応させることで、特定の一貫した形状の発泡体を得ることができます。成形フォームは、自動車、トラック、ボート、バス、航空機の座席やその他のコンポーネントの美観や人間工学を向上させるために使用されています。北米では、輸送用フォームが全成形フォームの約85パーセントを占めており、その他の用途としては、オフィス家具や寝具(枕)などがあります。北米や欧州における家具・インテリア・建設業界の回復や、アジア太平洋地域の急速な経済成長は、今後もポリウレタン市場の主要な原動力となり、市場の成長を支えるものと期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]