ハイパフォーマンスコンピューティングの市場規模、2027年に499億米ドル到達予測

ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)の市場規模は、2022年の360億米ドルからCAGR6.7%で成長し、2027年には499億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長には、メディアやエンターテインメントなどの用途でクラウドベースのHPCに対する需要が高まっていることが挙げられます。

COVID-19のハイパフォーマンスコンピューティング市場への影響

ハイパフォーマンスコンピューティング市場には、Advanced Micro Devices(米国)、Intel(米国)、HPE(米国)、IBM(米国)、Dell(米国)、Lenovo(中国)、富士通(日本)、Atos(フランス)、CISCO(米国)、Nvidia(米国)、NEC(日本)などの大手Tier IIおよびTier IIIサプライヤーを含んでいます。これらのサプライヤーは、北米、欧州、APAC(アジア太平洋)、その他のさまざまな国に製造施設を展開しています。COVID-19は、彼らのビジネスにも影響を与えています。

牽引要因:ゲノム研究におけるHPCシステムの需要増

ゲノミクス研究により、研究者はさまざまな病気や治療に関する遺伝子変異を分析、特定することができるようになりました。ゲノミックシーケンスは、ゲノム全体にわたるあらゆる種類の遺伝子変異を検出するのに役立ちます。HPCシステムは、大量のシーケンスデータを効率的に解析することで、ゲノム研究のスピード、精度、信頼性を向上させました。次世代シーケンス(NGS)技術の出現は、さまざまなオミックス技術を通じて、人間の健康に関する多くの分野の調査を実現しています。

抑制要因:サイバーセキュリティへの懸念

HPCシステムの利用が進むにつれ、サイバーセキュリティに関する懸念も高まっており、大きな懸念事項となっています。HPCは、その性質上、複数の潜在的なセキュリティ脅威にさらされています。例えば、空港でセキュリティシステムの重要な一部となっている場合、HPC はサイバー攻撃の主要なターゲットにもなります。さらに、HPC環境はクラスタ化されているため、多くのセキュリティ上の脅威にさらされやすくなっています。クラスタ化されたHPCシステムは異機種であるため、運用には複数の管理システムが必要です。そのため、セキュリティポリシーやセキュリティ管理プロセスの導入が遅れ、結果的に脆弱性を修正することができません。このように、セキュリティに関する懸念は、HPC市場の成長を抑制することが予想されます。

課題:中小企業の限られた予算

多くの中小企業の潜在的なユーザーは、HPC の利点について認識が不足しており、システムをセットアップするための予算もありません。多くの発展途上国の中小企業は、その投資コストの高さから、HPC の導入にいまだ懐疑的です。彼らの多くは、高性能でカスタマイズ可能な配信など、HPCの様々な利点を知りません。一方、クラウドコンピューティングは、中小企業のコストを大幅に削減するため、中小企業の HPC 利用を促進することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]