飼料用防腐剤の市場規模、2027年に67億米ドル到達予測

飼料用防腐剤の市場規模は、2022年の48億米ドルからCAGR6.7%で成長し、2027年には67億米ドルに達すると予測されています。飼料用防腐剤は、動物の栄養を強化し、微生物汚染を防ぎ、製品の保存期間を延長します。食品の安全性に関する衛生面の懸念と、世界的な食肉消費量の増加が、飼料用防腐剤の需要を促進する要因となっています。

牽引要因:食品産業における家畜の用途拡大

世界レベルでの家畜生産の需要急増は、畜産業にプラスの影響を与えています。急激な食肉消費、肉・乳製品ニーズの高まり、卵の需要増などが市場を牽引しています。食品産業における家畜の需要増は、飼料用防腐剤の需要を著しく高めています。

抑制要因:利益率の低さおよび最終製品の入手困難

動物栄養業界では、高い利益率を達成することは困難です。ここ数十年、利益率の高い製品は、過剰供給、過剰約束、過小供給の原則により、マージン、販売量ともに縮小しています。供給不足の原則により、利用可能な利益が減少し、最終的に飼料用防腐剤の需要を低下させています。

市場機会:天然保存料への需要の高まり

飼料用防腐剤は、飼料の効能を向上させ、保存期間を延長するために使用されます。しかし、抗生物質の大量使用により、抗生物質耐性の病原体が発生し、動物製品に残留することで使用できなくなりました。EUは、成長促進剤として抗生物質の使用を禁止しており、このことが、天然飼料防腐剤の成長に貢献しています。プレイヤーは市場拡大の見通しを持っており、天然飼料防腐剤の開発に投資しています。

課題:協同組合のプールによる市場資本の制限

協同組合には農業経営者のネットワークがあり、地域内で原料を調達しているため、飼料保存料メーカーにとっては障壁となっています。協同組合は地域最大の買い手であるため、市販の飼料まで調達し、飼料メーカーに対して競争上の優位性を持っています。

タイプ別:固結防止剤セグメントが最高のCAGRで成長予想

タイプ別には、固結防止剤セグメントが、市場で最も高いCAGRで成長すると予測されています。固結防止剤は、余分な水分を吸収したり、水や油をはじいたりするため、飼料を長時間乾燥した状態に保ちます。これらは、ダマにならないように飼料に添加され、製品の輸送を容易にするために使用されます。

家畜別:家禽類が飼料用防腐剤市場で最大シェアを占める

家畜別には、鶏肉セグメントが最高の市場シェアを占めると推定されます。適切なビタミンとタンパク質を含む卵の需要が増加していることから、家禽類の需要が増加することが予想されます。さらに、最適な栄養とケアに関する意識の高まりが、鶏肉セクターにおける飼料保存剤の需要を押し上げると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]