殺鼠剤の市場規模、2027年に71億米ドル到達予測

殺鼠剤の市場規模は、2022年の53億米ドルからCAGR5.8%で成長し、2027年には71億米ドルに達すると予測されています。ネズミの侵入は、人間の生活エリアや立木の作物を傷つけ、農場の収穫量を減少させるため、都市部に住む人々や作物栽培者が直面する大きな問題であり、全体の収益に影響を及ぼします。ネズミの駆除は、世界中の公衆衛生上の大きな関心事となっています。ネズミは、作物や貯蔵食品、林業や苗木、観賞用植物、商業施設や家庭用品、ケーブルや灌漑用パイプを傷つけ、汚染する害虫であり、病気の感染源となる可能性もあります。殺鼠剤は、ネズミの蔓延に対する予防的処置だけでなく、治療的処置にも広く使用されています。殺鼠剤市場の最も重要な傾向は、非標的種に及ぶリスクを避けるために、化学殺鼠剤に関する政府の規制が強化されている点です。主要な市場参加者は、変化する消費者ニーズに対応した製品ポートフォリオを増やすことに注力しています。

COVID-19の殺鼠剤市場における影響

COVID-19の発生は、金融危機とサプライチェーンの混乱のために、企業の経営に深刻な影響を与えました。このパンデミックの間の公衆衛生対策は、殺鼠剤市場にプラスに働き、ネズミ駆除製品とサービスに安定した成長をもたらしました。このように、害虫駆除サービスの需要が高まったことで、Covid-19の状況下において、殺鼠剤市場はプラスの影響を受けました。

牽引要因:媒介性疾患の発生への懸念が公衆衛生上の取り組みを促進

ネズミ熱、ペスト、ハンタウイルスなど、生命を脅かす病気は、主にネズミなどげっ歯類を媒介して広がります。こうした事態を防ぐため、多くの行政当局が公衆衛生や衛生に関する規制を強化しています。また、ISO9001やISO22000などの認証取得のための審査義務化も、商業・産業組織では一般的な要件となっています。毎年、半年毎、四半期毎の認証の際実施される昆虫管理の強制条項は、従わない企業には罰則が設けられており、操業停止になる可能性さえあります。

害虫やその他の昆虫の管理には、公衆衛生キャンペーンや法律による政府の取り組みが不可欠です。この取り組みは、殺虫剤の有効性、費用対効果、環境への影響、持続可能性を向上させることを目的としており、サービスプロバイダーによる害虫管理技術の採用が必須となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]