内視鏡再処理の市場規模、2027年に38億米ドル到達予測

内視鏡再処理の市場規模は、2022年の24億米ドルからCAGR9.7%で成長し、2027年には38億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、対象疾患の診断と治療のための内視鏡検査の必要性の増加、汚染された内視鏡による関連感染のリスクの高さ、高齢者人口の増加と内視鏡手術の増加、医療当局による再処理ガイドラインの改善への重点化によるものです。また、医療インフラや内視鏡の研究分野を改善するための投資、資金、助成金の増加が、今後、市場成長の機会を提供することが予測されます。

COVID -19の内視鏡再処理市場に与える影響

内視鏡検査では、COVID-19は、直接接触または呼吸器飛沫による人から人への感染、内視鏡検査中の感染エアロゾルの発生、および汚染された内視鏡機器、付属品、および体液との接触などの方法で感染する可能性があり、消化器内視鏡検査は、感染リスクが高い処置です。胃カメラ、大腸カメラ、内視鏡的逆行性胆管膵管造影などの内視鏡検査は日々行われており、内視鏡医は近い距離で消化管内腔を扱うため、多くの呼吸器、中咽頭、胃腸の感染にさらされることになります。

COVID-19の流行は、世界中の内視鏡検査センターに大混乱をもたらしました。 2020年3月、北イタリアの多施設調査により、COVID-19陽性患者はほぼ普遍的に内視鏡検査ユニットにさらされていたことがわかりました。97.6%が内視鏡活動の低下を示し、50%がCOVID-19陽性患者の内視鏡治療を完了しました。

内視鏡室は、内視鏡医、看護師、技師、麻酔科医、病院の係員、複数の処置を待つ患者、多数の小型&大型機器提供者などが関わる、比較的小規模で閉鎖的なユニットであるため、医療スタッフがCOVID-19感染症に感染するリスクは高まります。呼吸器分泌物に高いウイルス量を持つ患者は、内視鏡検査の空気だけでなく、より長い期間生存可能なウイルスでフォマットを汚染し、感染していない患者や内視鏡検査スタッフを危険にさらす可能性があります。

牽引要因:診断と治療のための内視鏡検査に対する要求の高まり

内視鏡検査は、小さなチューブ、小さなカメラ、手術器具を使い、一つまたは複数の小さな切り口から行う低侵襲な手術です。内視鏡手術の主な利点は、痛みが少ない、入院期間が短い、手術前後のケアに関連する合併症が少ないことです。したがって、これらの手順は、従来の開腹手術よりもコスト効率が高く、より効果的、かつ安全です。また、米国、カナダ、英国、ドイツ、オーストラリアなどの先進国や、UAEなどの中東のいくつかの国では、これらの処置は健康保険の対象となります。これらの要因により、患者や医師の間で内視鏡検査に対する高い嗜好が見られます。毎年、米国では約1,100万件の大腸内視鏡検査、610万件の上部内視鏡検査、31万,件の軟性S状結腸鏡検査、17万8,400件の上部内視鏡超音波検査、16万9,500件の内視鏡的逆行性胆汁膵管検査処置が行われています(出典:Gastroenterology 2019)。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]