ロボットビジョンの市場規模、2027年に38億米ドル到達予測

ロボットビジョンの市場規模は、2022年の24億米ドルからCAGR9.6%で成長し、2027年には38億米ドルに達すると予測されています。産業分野における安全性や品質に対する要求の高まりや、産業用ロボットにおけるビジョンシステムの採用が進んでいることが、市場の成長を促進する主な要因となっています。さらに、カスタマイズされたシステムへの要求の高まりや、機械学習や人工知能の利用率の上昇も、ロボットビジョンシステムを進化させており、近い将来、需要が高まることが予想されます。

COVID-19のロボットビジョン市場における影響

COVID-19の大流行により、世界中で多くの事業所で閉鎖および停止措置がとられ、サプライチェーンの混乱、労働力の確保、製造の遅れが生じ、ロボットビジョンシステムの製品等の輸出に遅れが発生しました。その後、2020年後半に製造活動が再開されたことにより、自動車、電気・電子、食品・飲料、医薬品などの業界においてロボットビジョンの採用が大幅に増加しました。

牽引要因:ロボットビジョンを用いた品質検査ニーズの高まり

多くの産業において、製品の品質管理への注目が高まっており、非接触検査、高い再現性、比較的低コストであることから、ロボットビジョンシステムの利用が増加しています。従来の製品の品質管理は、すべて人の手による検査に依存していました。しかし、人間の検査能力は、疲労や繰り返しにより低下していくことが予想されます。そのため、ミスの検出漏れや、工程に必要以上にコストがかかる可能性があります。技術の進歩は、面倒な検査作業を機械による自動化へと移行させました。ハードウェア、ソフトウェアの技術の進歩は、機械による品質検査を可能にしています。

抑制要因:技術導入のための初期コストの高さ

ビジョンセンサーなどのロボットビジョンの中核部品や、基盤となるビジョンソフトウェアの開発には、大規模な投資が必要です。ロボットビジョンシステムには、スマートカメラ、センサー、レンズ、フレームグラバー、ソフトウェアなどのハイテク部品が搭載されています。このシステムで使用されるこれらのコンポーネントは、ビンのピッキング、測定、検査など、特定の機能を実行する必要があります。ロボットビジョンは、コンピューターのハードウェアとソフトウェアが意思決定のために製品のさまざまな特性を処理、分析、測定できるように、特殊な光学系を備えた産業用カメラ内に設置されたデジタルセンサーに依存して画像を取得します

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]