メタバースの市場規模、2027年に4,269億米ドル到達予測

メタバースの市場規模は、2022年の618億米ドルからCAGR47.2%で成長し、2027年には4,269億米ドルに達すると予測されています。メタバース市場の成長を促進する主な要因としては、メディアやエンターテインメント、ゲーム業界における需要の増加、バーチャルリアリティ(VR)、拡張現実(AR)、複合現実(MR)などの隣接市場の発展的機会、アート、ファッション、小売業界におけるデジタル化などが挙げられます。これらの主要な要因は、業界やエンドユーザーに対して、メタバースによる範囲、到達範囲、提供物を大きく拡大させます。さらに、ゲーミフィケーションと仮想世界シミュレータを使用したプロモーションのためのブランドによるシフトは、エンドユーザーに最適な経験と取引を作成するように技術主導のエコシステムを提供しながら、最先端のインフラ設計、3D環境の改修と改善を再構築するため、メタバースベンダーを急増させました。

COVID -19のメタバース市場への影響

メタバースの成長率はCOVID-19以前のシナリオと比較して2020-2021年に1.0~1.5%とわずかに減少しています。この減少は、主に拡張現実(XR)デバイスメーカーが直面する運用上の課題によるものです。しかし、COVID-19の影響を考慮しても、メタバースソフトウェア市場には重要かつ多くの機会が出現していることに気づかされます。主なものは、教育分野や産業研修におけるXRベースのソリューション展開の増加です。さらに、医療分野におけるXRの実証実験、5G技術の継続的かつ一貫した開発、オフライン展示会からバーチャルビデオライブストリーミングイベントへの企業の移行などの機会があります。今後も、同市場は拡大することが予想されます。

牽引要因:エンターテイメントおよびゲーム産業における需要の増加

AR、VR、MR技術の採用が進んでいることから、世界のメディア・エンターテインメント、ゲーム産業は急速に成長しています。これらの技術を採用する主な理由は、VRヘッドセット、MRヘッドセット、HUD、HMD、スマートグラス、スマートヘルメットなどのデバイスが、一人称視点、自然なユーザーインターフェースとしての機能、6度の自由度を提供し、リアルな仮想シナリオを作成してエンドユーザーのゲーム体験を向上させることができるからです。これらのデバイスとソリューションの導入により、ユーザー体験は飛躍的に向上しました。リアルタイムのシナリオの中でのユーザーの仮想体験は、人類に提供できる技術として最高のものと言えます。

拡張現実デバイスの需要の高まりは、市場のプレーヤーの大規模な投資につながります。主要プレーヤーによる投資と開発は、ゲームとエンターテイメントにおけるメタバース採用を促進することが予想されます。

抑制要因:ハイエンドメタバースコンポーネントの高額な導入・保守コスト

メタバースのハードウェアには、半導体部品、センサー、トラッカーなどの最先端機器とともに、XRデバイスが含まれます。メタバースをリアルに、かつ最も魅力的に体験するためには、高速ネットワーク、大容量ストレージ、ハイエンドハードウェアが必要であり、これらは高額です。また、メタバースで使用されるデバイスは、リアルな仮想環境を作り出すために3Dなど高度な技術を使用するため、そのコストはより高くなります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]