大規模自然冷媒ヒートポンプの市場規模、2027年に91億米ドル到達予測

大規模自然冷媒ヒートポンプの市場規模は、2022年の58億米ドルからCAGR9.4%で成長し、2027年には91億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、カーボンフットプリント削減における、ヒートポンプ技術の貢献が認知された事によるものです。

COVID-19の大規模自然冷媒ヒートポンプ市場への影響

サービス業と製造業の両方が、COVID-19の大流行によって多大な影響を受けています。多くの国が、ウイルスのさらなる拡散を防ぐために州単位の封鎖を実施したため、世界経済は減速しています。世界銀行によると、この流行は大幅な景気後退を誘発し、世界経済に長期的な影響を及ぼすと予測されています。サプライチェーンの混乱と商業・産業分野での需要の急減により、大型の自然冷媒ヒートポンプの拡大が妨げられました。また、大規模な建築・改修工事の中止により、市場は下落しました。しかし、パンデミックの影響を緩和するための政府の財政的な優遇措置も手伝って、市場は早期に回復の兆しを見せました。

牽引要因:ヒートポンプ技術による二酸化炭素排出量削減への貢献

暖房は最大のエネルギー消費であり、多くの国のエネルギー消費総量のほぼ半分を占めています。そのため、世界の主要国は、温室効果ガスの排出を制限するために再生可能なエネルギー源に徐々に傾斜しています。

ヒートポンプ技術は、温室効果ガスの排出を削減するための有望なソリューションです。閉サイクル機械式ヒートポンプ、開サイクル機械式蒸気圧縮(MVC)ヒートポンプ、開サイクル熱圧縮ヒートポンプ、閉サイクル吸収ヒートポンプなど、さまざまな大規模ヒートポンプは、商業・工業用途の冷暖房にエネルギー効率の高いアプローチを提供します。また、暖房、換気、空調(HVAC)システムで使用する場合、再生可能エネルギー技術とみなされる傾向があります。

COP(成績係数)が3の大規模ヒートポンプは、年間520TWh(テラワットアワー)の生産が見込まれています。その結果、地中熱やデータセンターの廃熱などの代替熱源の有効活用を可能にしました。大規模自然冷媒ヒートポンプの二酸化炭素排出量削減効果に関する認知度が高まっているため、産業・商業の両分野で同システムの採用が進んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]