果実・野菜原料の市場規模、2027年に2,809億米ドル到達予測

果実・野菜原料の市場規模は、2021年の2,078億米ドルからCAGAR5.2%で成長し、2027年には2,809億米ドルに達すると予測されています。果実・野菜原料市場は、加工食品産業と歩調を合わせて成長を続けています。果実・野菜原料は、増粘剤、安定剤、乳化剤として、食品や飲料製品のみならず、製紙、医療&医薬品、その他の産業用アプリケーションで使用されています。

COVID-19の果実・野菜原料市場への影響

COVID-19の影響は、加工食品・飲料市場から食材市場、ひいては、果実・野菜食材市場にも及んでいます。2020年に市場が大きく落ち込んだのは、さまざまな用途での食材の利用が制限されたためです。その後、2021年後半から2022年前半にかけての規制緩和により、徐々に市場は回復していくものと思われます。

牽引要因:食品保存料に対する需要の高まり

加工食品・飲料業界の高成長により、果物・野菜原料市場は拡大することが予測されます。一人当たりの所得の上昇と間食を好む傾向が、R.T.E.シリアル、栄養バー、天然由来を中心とした飲料の需要を後押ししています。中国、インド、ブラジル、中東諸国などの新興国における消費者の嗜好は、過去数十年の間に、伝統的な手作りの朝食や軽食から加工食品へと徐々に移行しています。

抑制要因:厳しい食品安全規制

果物・野菜原料市場には、各地域の規制機関によって承認された数多くの法律が存在します。さまざまな地域の規制機関によって承認された多くの法律が、果物と野菜の原料市場で普及しています。 その規制は、果物と野菜の原料の、生産、マーケティング、および取引に関する定義、ラベル付け、構成、などに分類されます。

市場機会:より健康的な代替品への消費者の傾斜

消費者は、自分たちが消費している食品についてより関心を持つようになっており、購入した加工食品・飲料製品に使用されている原材料や栄養成分について、より詳しく知りたがっています。健康に関連する問題も増えているため、より健康的な食品・飲料製品を消費することへの関心が高まっています。消費者は、非遺伝子組み換え、有機、化学物質不使用、クリーンラベルの製品に敏感になっており、人工着色料や人工香料の代わりに、果物や野菜をベースとした天然素材が使用される範囲が広がっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]