ミクロトームの市場規模、2027年に5億8,500万米ドル到達予測

ミクロトームの市場規模は、2022年の4億2,500万米ドルからCAGR6.6%で成長し、2027年には5億8,500万米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、がん患者の有病率の上昇と、がん検診の高い需要によるもので、熟練した専門家の不足は、市場の成長を抑制する可能性があると考えられます。

COVID -19のミクロトーム市場への影響

COVID-19は、ハイスループット、シーケンスベースの診断テストに対する需要の増加により、ミクロトーム市場にプラスの影響を与えています。例えば、Brooks Automationのライフサイエンス部門の売上高は、2020年の1億2,980万米ドルに対し、2021年には1億9,960万米ドルとなり、54%増加しました。一方で、剖検、スクリーニングサービス、教育、トレーニング、品質保証などの病理組織診断サービスは、マイナスの影響を受けています。分析前段階では、主に新鮮な組織、凍結切片、ホルマリン固定組織、さまざまな大きさの臓器などの生体材料の取り扱いがあり、これらの組織は、SARS-CoV-2の感染経路となる可能性があると考えられ、RCPath(王立病理医学会)、ABPath(乳腺外科・病理学会)、BAGP(英国婦人科病理医学会)により、新鮮組織の取り扱いについて一定のガイドラインが作成されました。

牽引要因:がん罹患率の上昇

がんは、複数の経路が関与する多段階の発がんプロセスを経て発症する複雑な疾患です。そのため、がんの診断、予後、治療には様々なハードルが存在します。がんは世界第2位の死因であり、2020年には1,000万人の死亡を占めると言われています。世界では、約6人に1人が癌が原因で死亡しています(出典:WHO)。2020年には1,930万人の新規がん患者が報告され、この数字は2040年には3,020万人に増加すると予測されています。さらに、がんの発生率の増加は、総人口だけでなく、老年人口の増加にも起因していると考えられています。

癌の増加により、癌診断薬の需要が大幅に増加しており、この事が、ミクロトームの需要を促進しています。凍結切片の手順では、外科医が組織の一部を切り取ります。この生検は病理学者に渡され、凍結装置で組織を凍結し、ミクロトームで切断し、顕微鏡で検査できるようにさまざまな染料で染色します。同様に、病理組織学は病気の組織を顕微鏡で調べる学問で、癌やその他の病気の正確な診断には通常サンプルの病理組織学的検査が必要なため、解剖学的病理学の重要な部分となっています。ミクロトームは解剖学的病理学的検査に使用される重要なツールです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]