ポリメチルメタクリレート(PMMA)の市場規模、2027年に63億米ドル到達予測

ポリメチルメタクリレート(PMMA)の市場規模は、2022年の48億米ドルからCAGR5.4%で成長し、2027年には63億米ドルに達すると予測されています。自動車、建築、エレクトロニクス、サイン&ディスプレイなどでのPMMAの使用量が増加していることが、今後のPMMAの需要を牽引しています。アジア太平洋地域の新興国における成長の可能性が、PMMA市場に機会を提供しています。

COVID-19のPMMA市場に与える影響

自動車、建設、エレクトロニクスはPMMA市場の主要な最終用途産業です。COVID-19の大流行により、製造設備の停止、石油・ガスや工業製品の需要減少、サプライチェーンの混乱が生じ、2020年の世界経済の衰退を招きました。自動車産業は、封鎖や政府の対策により一時的に生産が停止し、建設業界では、新規プロジェクトの中断や遅延が発生しました。また、サプライチェーンの混乱により、世界的なチップ不足が発生し、自動車やエレクトロニクス産業に影響を与えました。労働力不足により稼働率が低下し、製品の供給、需要、価格が、軒並み低下しました。建設、エレクトロニクス、自動車市場の成長鈍化により、PMMAメーカーは減収を余儀なくされています。一方で、パンデミックによる医療・ヘルスケア商品の需要が高まり、PMMA市場の成長を支えています。その後、2021-2022年は、世界経済の正常化、ワクチン接種の増加、企業の再開が進み、今後の需要は増加が期待されています。

牽引要因:COVID-19からの回復とEVの普及

ポリメチルメタクリレート(PMMA)は、軽量で耐候性に優れているため、自動車産業で広く使用されています。自動車用途では、ボディ部品(ランプカバー、内外装トリムなど)やアクセサリー(フロントガラス、サンバイザーなど)や、テールランプ、フロントガラス、サイドウィンドウ、インストルメントパネル、ヘッドランプやリアランプ、外灯のレンズ、メーターパネル、サンバイザー、車の彫刻、テールランプカバー、スピードメーターカバー、シグナルランプなどに使用されます。また、バスや電車の内装ガラスとしても使用されています。

抑制要因:低コストの代替品が市場成長の妨げに

PMMAの代替品がいくつか市場に出回っており、これが市場の成長をある程度抑制しています。市場で入手可能な代替品には、ポリカーボネート(PC)、ポリ塩化ビニルポリマー、構造化マルチウォールシートなどがあります。

ポリカーボネートは新しい熱可塑性プラスチックで、世界中で人気を集めており、ガラス製の材料とは異なり、環境に優しいという理由で需要があります。また、ポリカーボネートは、入手しやすく、安価で信頼性が高く、様々な機能に対応できるため、広く利用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]