床面研磨工具の市場規模、2027年に1億5,500万米ドル到達予測

床面研磨工具の市場規模は、2022年の1億2,400万米ドルからCAGR4.5%で成長し、2027年には1億5,500万米ドルに達すると予測されています。建設業界への投資の伸び、環境に優しくエネルギー効率の高い建物への需要、新しい住宅・商業空間の建設の加速が、同市場の成長を支えています。

COVID-19の床面研磨工具市場への影響

2020年、床面研磨工具市場はCOVID-19の大流行により多大な影響を受け、そのCAGRは大幅に低下しました。しかし、2021年には建設分野での需要の急増がプラスの影響を与え、市場の回復が目撃されました。

牽引要因:リノベーションやリフォームの増加

リノベーションや住宅リフォームは、世界的に増加しています。これは主に、家庭の内装に対する関心の高まりと消費者のライフスタイルの向上、政府の支援によるものです。欧州では、国家エネルギー効率化行動計画(NEEAP)により、住宅や商業用建物改築の促進が報告されています。

消費者の所得水準の向上、ライフスタイルの変化、インテリアに関する異文化の採用などにより、住宅やワークスペースのインテリアに対する関心が高まっています。消費者は生活空間のスタイリングやインテリアに興味を持ち、カーペットやラグ、美観を高める床材などにお金をかけるようになりました。さらに、さまざまな床材が使用されることで、表面処理と仕上げのための床用研磨工具の需要につながっています。

抑制要因:コンクリート研磨残渣の処理

コンクリート研磨残渣(CGR)は、ソーイングスラリーとも呼ばれ、ソーイングやダイヤモンド研磨の作業中に発生します。このスラリーは、ダイヤモンドブレードの冷却水がコンクリートの微粉末と混ざったときにできる副産物で、このスラリーの適切な処理は、床工事業者にとって悩みの種です。スラリーがどのような物質で構成されているのか分からないまま、行政の規制で廃棄方法が定められていることがよくあります。そのため、建設業者にとってスラリーの廃棄は時間のかかる作業となります。米国では、環境保護庁(EPA)が環境保護に責任を持ち、コンクリートスラリーの処理に関する規則を定めています。スラリー処理の多面的な問題に対処するため、国際溝加工・研削協会(IGGA)は、請負業者の負担を軽減しつつ、環境に配慮した行動を確保するためのスラリーBMP(Best Management Practices)ガイドを発行しています。スラリーBPMには、スラリー散布処分、スラリー回収&池のデカンテーション、スラリー回収&工場処理、pHコントロールプランが含まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]