宇宙向けオンボードコンピューティングプラットフォームの市場規模、2027年に23億米ドル到達予測

宇宙向けオンボードコンピューティングプラットフォームの市場規模は、2022年の13億米ドルからCAGR12.1%で成長し、2027年には23億米ドルに達すると予測されています。同市場は、国際的なナビゲーションや通信衛星で使用されているスペースオンボードコンピューティングプラットフォームの技術革新などの要因によって推進されています。

COVID-19は、多くの産業にとっていくつかの課題をもたらしました。航空宇宙・防衛産業もその例外ではありません。防衛部門に割り当てられた予算は、COVID-19の流行により、削減され、多くの研究プロジェクトが保留になっています。また、中東、アフリカ、ラテンアメリカなどへの宇宙搭載コンピューティングプラットフォームの輸出も減少しています。

通信衛星用ソフトウェア定義型ペイロード

ソフトウェア定義型ペイロードは、ソフトウェア定義型衛星の中心的なユニットと考えられています。このペイロードは、特定のアプリケーションに必要なコア機能と目的を提供する役割を担っています。石油・ガス、鉱業、農業など様々な商業分野のエンドユーザーが、製品マッピング、地球探査、通信にソフトウェア定義型衛星を利用しています。

従来の衛星は、単一のミッションの要件に適合するように調整されていました。衛星開発者は、衛星が新しいアプリケーションを採用してそのパフォーマンスを拡張できるように、再プログラムおよび再構成できるソフトウェア定義の衛星のビジョンを採用するようになりました。再構成可能なペイロード、AI、クラウドコンピューティング、ソフトウェア定義無線など、さまざまな技術が衛星に組み込まれており、これにより衛星は再構成可能で柔軟なものとなっています。したがって、ソフトウェア定義のペイロードに対する需要の高まりが、宇宙搭載コンピューティングプラットフォーム市場を牽引しています。

市場機会:宇宙ミッションを柔軟に変更するためのソフトウェア定義技術の使用

すでに軌道上にある衛星を再構成する柔軟性と能力は、オペレーターが要求するアプリケーションです。 宇宙船を市場の変化するニーズに適応させる能力は、通常15年以上の寿命を持つ静止軌道(GEO)衛星のオペレーターにとって不可欠です。 これには、衛星を別の位置に移動したり、その機能をTV放送からインターネット接続に切り替えたりすることが含まれる場合があり、従来のハードウェア定義の衛星では不可能なことです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]