患者エンゲージメントソリューションの市場規模、2027年に279億米ドル到達予測

患者エンゲージメントソリューションの市場規模は、2022年の173億米ドルからCAGR10.0%で成長し、2027年には279億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長要因には、患者中心のケアを推進するための政府規制や医療イニシアティブの変化、ポストパンデミック時代における患者エンゲージメントソリューションの高い需要、mヘルスアプリの利用拡大などが挙げられます。しかし、患者エンゲージメントソリューションの相互運用性と医療業界における熟練IT専門家の不足が、今後の同市場の成長を抑制すると予測されます。

COVID-19の患者エンゲージメントソリューション市場における影響

COVID-19の大流行は、国民の健康に長期にわたる影響を与え、多くの国に経済的ダメージを与えました。医師と患者の社会的距離を置く必要性から、さまざまな遠隔医療や患者エンゲージメントソリューションを通じた仮想診察の需要、患者の健康記録を正確かつタイムリーに交換する必要性が高まっています。市場では、さまざまな企業が既存の患者エンゲージメントソリューションにCOVID-19-関連機能を導入し、ユーザーが無料で利用できるようにしています。また、患者数の増加により、複雑な患者データを管理するためのEMRおよびEHRプラットフォームに対する需要も高まっています。その後、多くの国でCOVID-19の第二波が発生し、さらなるロックダウンを余儀なくされており、社会的距離に関する規制により、患者エンゲージメントソリューションの使用は増加傾向にあります。

牽引要因:政府規制やイニシアチブの実施

2020年3月、米国大統領は、CARES(Coronavirus Aid, Relief, and Economic Security)法と呼ばれる200万米ドルのコロナウイルス緊急刺激策に署名しました。この法律は、COVID-19の影響を受けた人々に対する治療とサービスの適用を拡大するものです。CARES法はまた、メディケアが遠隔医療サービスをカバーするための柔軟性を高め、医師助手、看護師開業医、認定看護師による在宅医療サービスのメディケア認証を許可し、COVID-19関連の入院および耐久性医療機器に対するメディケア支払いを増加させることになりました。こうした取り組みや規制により、世界の主要市場における患者エンゲージメントソリューションの需要や導入がさらに高まると予想されます。

抑制要因:医療インフラへの大規模な投資要件

支払者はこれまで、インフラや独自のシステムに多額の投資を行ってきました。これらのシステムを患者エンゲージメントソリューションに移行または統合することは、コストの面でさまざまな課題をもたらします。また、現要件にのみ対応するよう最適化された現在のシステムを変更する必要があります。さらに、クラウドベースの患者エンゲージメントソリューションへの移行には、特に複数の医師、ラボ、薬剤師をつなぐハブとしての役割を果たしている病院では、現在のITアーキテクチャを変更しなくてはなりません。そのため、大規模な相互運用性と相互接続性を実現するためのリソースを見つけることは、こうした医療機関のクラウドベースの患者管理ソリューションへの移行を妨げる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]