機械状態監視の市場規模、2027年に40億米ドル到達予測

機械状態監視の市場規模は、2022年の28億米ドルからCAGR7.8%で成長し、2027年には40億米ドルに達すると予測されています。スマート工場における自動状態監視技術の導入や、システム導入のメリットに関する認識が高まっていることが、市場の成長を促進する主な要因となっています。

COVID-19による機械状態監視市場への影響

COVID-19発生後は、サプライチェーンの混乱、マシンコンディションモニタリングシステムのハードウェアコンポーネントの生産減少、商業活動や産業活動の停止が見受けられ、2020年の機械状態監視市場は世界的に悪影響を受けました。その後の景気回復に伴い、2021年以降、市場は緩やかに勢いを取り戻しています。

牽引要因:産業界の遠隔操作に対する要求の高まり

COVID-19の発生と蔓延により、世界各国で健康被害と経済的損失が発生しています。各国製造業は、工場の操業停止やグローバルサプライチェーンの混乱による影響を受けています。物理的な距離を置く規範の順守と大衆の移動の制限も、さまざまな産業の運営に影響を及ぼしています。これらの措置により、製造・加工工場に対する遠隔地からの監督や運用管理の必要性が生まれました。企業は、パンデミック中の新しいシステムの導入は控えていましたが、経済が徐々に回復し、遠隔操作の必要性が高まるにつれ、人間の監視をほとんど必要としない高度な自動化システムの採用が必要となり、機械状態監視市場は急速に拡大しています。

機械状態監視システムは、さまざまなIoTデバイスからリアルタイムに収集されたデータを用いて、遠隔地から工場の操業を監視・制御するのに役立つものです。したがって、これらのシステムは、産業プラントの監督における人間の介入を排除することが可能であり、多様な産業における機械状態監視システムの導入が増加すると予想されます。

抑制要因:データ解析に必要な技術的専門知識の不足

状態監視には、最新の機器やソフトウェアを扱うための訓練された人材が必要です。システムの最適化、ソフトウェアのアップデート、システムのネットワーク化、データ転送などには、技術的な専門知識が必要となります。そのため、既存のリソースは新しいシステムを操作するためのトレーニングを受ける必要があり、既存の作業者と訓練された作業者との間にはスキルギャップが生じる可能性があります。新興国では、データ分析に熟練した労働力が不足しているため、機械状態監視システムの効率的な導入や産業化には課題があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]