圧力容器の市場規模、2027年に595億米ドルに到達予測

圧力容器の市場規模は、2022年の471億米ドルからCAGR4.8%で成長し、2027年には595億米ドルに達すると予測されます。この成長は、さまざまなエンドユーザー産業における要件と、発展途上国における産業機器の技術の進歩によるものです。

COVID-19の圧力容器市場への影響

COVID-19の感染が拡大する間、薬品などいくつかの産業は、医療施設に薬を提供するために事業を継続しており、圧力容器の製造会社は、製薬業界の要件としてサービスを継続しなければなりませんでした。一方、一部の製造業が受けた影響で、供給不足による原材料の調達コストが上昇し受注が滞り、短期的には圧力容器の需要にマイナスの影響が及びました。

牽引要因:圧力容器の採用拡大につながる火力エネルギー需要の増加

世界の火力発電所は、従来の石炭火力発電所よりも気候変動に関する厳しい規制があります。産業界は発電所の運営を発展させ、環境に優しく、エネルギー効率の高いものにしようと動いています。超臨界圧や超超臨界圧の技術は、このようなシナリオの中で実装され、圧力容器市場の推進力となっています。APAC(アジア太平洋)諸国は、圧力容器の最も進んだ市場の1つです。中国、インド、日本は、アジア太平洋地域の主要な圧力容器市場となっており、規制による先進技術へのシフトは、圧力容器の需要を増加させることが予想されます。

抑制要因:資本要件とメンテナンスコストの大幅な上昇

ます、圧力容器に使用される材料ですが、一般的には合金鋼で他にも使用される金属合金があります。長期間にわたる安定した供給を実現するには、経済的な材料を選択する必要があります。次に、エンジニアリングと設計も時間と資本を必要とする要件と言えます。そして、圧力容器の建設については高額な投資が必要となります。さらには、建設後のメンテナンス、技術導入などにも投資が必要になります。例えば、ボイラーの設置は、産業界ではより効率的で高度な技術を持つボイラーを必要とするため、資本集約的に行われます。これは、圧力容器のコストを増加させ、同市場の抑制要因となっています。

市場機会:老朽化した発電所の効率的な圧力容器への改修

火力発電所の効率は寿命とともに低下し、米国、カナダ、英国、ドイツなどの先進国では、老朽化が進んでいます。これらの発電所は改修が必要であり、機器も新しいものに交換する必要があります。このため、ボイラーの需要が高まっています。IEA(国際エネルギー機関)の報告書によると、既存の発電所の開発に使われる9兆5,530億米ドルのうち、30%が石炭火力発電に使われており、このような発電所開発への投資が、圧力容器市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]