3Dフードプリンティングの市場規模、2027年に19億4,100万米ドル到達予測

3Dフードプリンティングの市場規模は、2022年の2億100万米ドルからCAGR57.3%で成長し、2027年には19億4,100万米ドルに達すると予測されています。同市場は、イノベーションの影響を強く受け、常に新しい加工技術を導入し、さまざまな形状やサイズの食品を製造することで、加工食品業界や消費者からの需要増に対応しています。新しい機械の開発と既存の機械の強化は、市場の多くのプレーヤーの主要な戦略です。また、3Dフードプリンターの認知度向上と用途拡大のために、施設の拡張、マーケティングスキーム、情報交換プログラムへの注目が高まっており、市場の成長に貢献することが予測されます。

COVID-19の発生は、フードチェーンの混乱、食糧不足、購買力の低下、不健康な食習慣、食糧遺棄の増加、失業や不完全雇用の増加など、食糧安全保障を危うくさせました。さらに、食事中に友人、同僚、両親などとの関わりを無くしたため、ストレス、不安、恐怖、苦悩、心配が生じ、特に高齢者や入院患者など弱い立場の消費者の健康状態に悪影響が及びました。3Dフードプリンティングは、パーソナライズされた食品製造、社会的距離、食品製造の分散化、食品共創への人々の参加、プロセスの社会化、新しいビジネスと雇用の創出を可能にする、比類のない可能性を持っています。これらのアイデアは、COVID-19の蔓延、人々の健康への脅威、食糧安全保障と社会への悪影響の軽減に役立つと期待されています。

3Dフードプリンターは、コンピューター支援技術という性質上、社会的距離を保つことが可能で、食品の生成、造形、試験、検証、製造において、食品に触れる人の数を減らし、人間同士の接触の制限にも役立つと考えられます。さらに、食品の分散化をサポートし、フードチェーンに参加する人の数を減らすことができます。しかし、パンデミックによるストレスは、この種のシステムが通常の範囲を大きく超えて混乱した際、迅速に対応できないことを露呈しました。

牽引要因:グルメ食品に対する需要の急増

3Dフードプリンティングは、個人のニーズに応じて食品をパーソナライズする点が、市場成長の主な要因となっています。人々は仕事が忙しく、時間不足のために好きな物を食べられないことが増え、食品をカスタマイズすることへの要望が高まりました。一方、カスタマイズされた食品は、鮮度を保つために防腐剤を使用することになり、長期的に見ると健康に良いとは言えません。

3Dフードプリンターは、手作業では不可能な、複雑なデザインの食品を印刷することができます。また、材料を保持する食品用シリンジまたはカートリッジで構成され、ノズルからプレートなどに直接、層を堆積させ、ユニークな形やデザインのチョコレート、ピザ、パンケーキなどを形成します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]