学生情報システムの市場規模、2027年に205億米ドル到達予測

学生情報システムの市場規模は、2022年の102億米ドルからCAGR14.9%で成長し、2027年には205億米ドルに達すると予測されています。高等教育へのアクセスの向上が、市場成長の主な要因となっており、クラウドベースのシステムの採用も、学生情報システムの需要を押し上げると考えられます。

COVID-19の学生情報システム市場における影響

COVID-19が学生情報システム市場に与える影響は、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米など、さまざまな地域に広がっています。

COVID-19の発生により、企業は在宅勤務制度を導入することとなり、遠隔学習・開発システムの需要が高まっています。また、教育機関の閉鎖は、学生、教師、職員に、社会的、経済的な影響をもたらしています。中でも、高等教育機関とその学生が、最も大きな被害を受けると思われます。

厳格なロックダウンは、オンライン学習プラットフォームの需要を増加させ、オンライン教育と学習ソリューションのための教員やトレーナーを増強し、学生情報システム市場の拡大に貢献しました。

SISソリューションにより、教員は学生を全体的に監視することが可能になり、個人的な関りを維持するのに役立ちました。

2021年4月現在、米国政府はCOVID-19への対応に総額2兆7,500億米ドルを投じています。

欧州では、ほとんどの組織や機関がリモートワークやオンライン教育を導入しているため、ネットワークセキュリティ、クラウドネットワークタイプ、事業継続性への注目が高まっています。

アジア太平洋地域の通信事業者は、COVID-19の期間中に拡大するネットワーク接続の需要をサポートするため、ネットワークインフラに多額の資本を投じています。

UNICEFによると、中東・アフリカでは、パンデミック期間中、学校閉鎖のため1億1,000万人の学齢児童が自宅にとどまりました。

ラテンアメリカでは、地域の接続性の向上が、サービスのデジタル化の進展につながっています。日常業務がオンライン化されるにつれ、クラウドリソース管理の人気が高まっており、幼稚園から高校までの教育分野で円滑に機能するよう、すべてのリソースを管理・保守するSISベンダーの市場機会が増えています。

牽引要因:オーダーメイドのソリューションに対する需要の高まり

ここ数年、教育機関は既存のシステムを置き換える、あるいは強化するために、最善の(BoB)ポイント・ソリューションを求めるようになりました。教育機関は、あるベンダーから学生情報システム(SIS)、別のベンダーから財務・人事・給与システム、さらに別のベンダーから研究管理システムなどのコンポーネントを取得し、統合しています。また、より高い効率性、有効性、競争力、柔軟性、敏捷性を達成するために、このような変化を受け入れています。教育機関は、投資対効果を最大化するために、管理基盤システムをカスタマイズしています。SISとLMSは、経済的で、簡単に利用できるため、ERPソリューションよりも好まれる傾向があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]