先進的鉛蓄電池の市場規模、2027年に307億米ドル到達予測

先進的鉛蓄電池の市場規模は、2022年の227億米ドルからCAGR6.3%で成長し、2027年には307億米ドルに達すると予測されています。先進的鉛蓄電池は、リチウムイオン電池と比較して、コスト競争力のあるエネルギー貯蔵ソリューションであり、リサイクルも容易なことから、同市場成長の原動力となっています。

COVID-19の先進的鉛蓄電池市場に与える影響

先進的鉛蓄電池は、ユーティリティ、輸送、産業、商業&住宅など、さまざまな最終用途産業で使用されています。しかし、パンデミックの影響による、労働力不足、物流制限、材料入手不能などの制約が、2019-2020年の同業界の成長を鈍化させました。 アジア太平洋地域は、世界の先進的鉛蓄電池製造の主要なハブです。さらに、中国は世界最大の先進的鉛蓄電池製造国の一つで、その材料や部品の主要な供給国でもあります。このパンデミックにより、2020年1月以降、中国の先進的鉛蓄電池および原材料の供給に影響が出ており、さらなる需要の減少と、サプライチェーンの混乱が生じると予想されています。

牽引要因:リチウムイオン電池と比較して高いリサイクル性

他の代替蓄電池システムと比較して、先進的鉛蓄電池の分解プロセスは、複雑なものではありません。一般的に硫酸が使われる電池の酸は、2つの方法で処理することができます。まず、家庭用の重曹に相当する工業用化学物質で中和することで酸を水に変え、排水処理場で洗浄・処理・検査され、水質基準への適合が確認されます。もう一つは、酸を処理することで硫酸ナトリウムという別の化学成分に変えます。これは無臭の白い粉末で、ガラスや繊維製造業のランドリー事業で洗濯用洗剤として使用されています。鉛蓄電池は、古い電池の各部分を加工し、新しい電池に再生するクローズドループリサイクルを採用しています。先進的な鉛蓄電池の約98%がリサイクル処理されていると考えられます。

抑制要因:電池の使用に関する安全性

先進的鉛蓄電池は、慎重に正しく取り扱わなければ、重大な傷害を引き起こす可能性があります。充電時に放出される、非常に燃えやすく、発火しやすい水素や酸素を含む有毒ガスは、重大な爆発を引き起こす可能性があります。鉛蓄電池には、電解液として硫酸が使用されており、腐食性が高く、電池を操作する人の皮膚に触れると重篤な損傷を負う可能性があります。さらに、電解液がこぼれた場合は、財産や環境に重大な損害を与える可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]