調湿建材の市場規模、2027年に11億2,000万米ドル到達予測

調湿建材の市場規模は、2022年の8億1,800万米ドルからCAGR6.5%で成長し、2027年には11億2,000万米ドルに達すると予測されています。新興国における調湿建材の需要増と建設業界の成長が市場を牽引しています。

COVID-19の調湿建材市場に対する影響

西欧は、COVID-19パンデミックの影響を最も大きく受けた地域の一つであり、ロックダウンと封じ込め政策が、欧州の建設部門に多大な影響を与えました。欧州連合の統計局であるユーロスタットの最初の推計によると、2020年4月のEU建設業界の生産は季節調整済みで前月比11.7%減となりました。世界各地では、渡航制限やサプライチェーンの混乱により、建設資材の供給が停止しています。

牽引要因:新興国における需要の高まり

アジア太平洋地域は過去10年間、高い工業成長を遂げてきました。その結果、さまざまな用途で調湿建材の需要が増加しました。中国やインドなどの新興国は、住宅、商業施設、工業施設の建設需要の増加に伴い、調湿建材市場の大幅な成長が見込まれています。また、人々のライフスタイルの変化や、快適な職場環境・住環境のニーズも市場に影響を及ぼしています。これらの要因が、今後もアジア太平洋地域の調湿建材市場を押し上げると予想されます。

抑制要因:環境・安全性への懸念

調湿建材は、コンクリートと混ぜることでブリード現象が起こることがあります。これは、添加物として使用される吸湿性材料の濃度が不安定なため、余分な湿度が構造物に取り込まれて蓄積されることで発生します。これは、建物の安定性に影響を与え、居住者に危険を及ぼす可能性があります。さらに、シリカなどの材料は、無責任に廃棄されると、分解されずに埋め立て地や海中に長期間残留し影響を与える可能性があります。さらに、シリカの過剰暴露は、長期的な肺疾患である珪肺症を引き起こす可能性があります。結晶性シリカ粉塵の吸入によって引き起こされる珪肺症は、じん肺の最も一般的な形態です。珪肺症は、世界のほとんどの地域で労働者のサイレントキラーとして診断されており、シリカ/二酸化ケイ素は、摂取すると窒息する恐れがあります。このような要因は、環境と人々の安全に悪影響を及ぼす可能性があります。

市場機会:人口の増加と急速な都市化

国連経済社会局/人口部・世界人口2019によると、世界人口は2050年までに95億人に達すると予測されています。増え続ける人口と景気低迷後の産業ブームにより、商業・住宅分野での新規建設がエスカレートしています。また、農村部から都市部への人口移動と町の都市化も、調湿建材市場の成長に拍車をかけています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]