ヒトミルクオリゴ糖(HMO)の市場規模、2027年に5億5,600万米ドル到達予測

ヒトミルクオリゴ糖(HMO)の市場規模は、2022年の1億9,900万米ドルからCAGR22.7%で成長し、2027年には5億5,600万米ドルに達すると予測されています。ヒト母乳から抽出された機能性成分としてのHMOは、炎症および免疫調節因子として乳児の神経発達のために作用します。機能性食品におけるHMOの用途の増加と乳児用粉ミルクにおける需要の増加が、HMO市場の成長につながりました。ここ数年で、人々は健康に気を配るようになり、ライフスタイルや食生活が大きく変化し、栄養補助食品やプロバイオティクスなどの機能性食品に傾倒しています。一方、生産コストの高さがヒトミルクオリゴ糖市場の成長の妨げになっています。

COVID-19がヒトミルクオリゴ糖市場に及ぼす影響

COVID-19パンデミックは、HMO市場にも負の影響を及ぼしました。移動に関する厳しい制限のため、業界は製造施設、研究開発ユニット、および物流において深刻な労働力不足に直面し、同時に原材料の調達や完成品の加工・製造に影響を及ぼしました。サプライチェーンの各段階で流通経路に深刻な労働危機が発生したことで、小売プラットフォームへの製品の供給が制限されました。

ヒトミルクオリゴ糖の最終製品(粉ミルク、ベビーフード、栄養補助食品)を提供するエンドユーザーメーカーは、免疫力向上のための栄養補給という名目で製品を宣伝することで、十分な利益を上げることができました。巨大プレイヤーは、大量生産と流通チャネルへの投資を拡大し、多くのマーケティング施策、仮想キャンペーン、ワークショップ、メディア広告を採用し、市場における高いシェアを獲得しました。

牽引要因:乳幼児人口の増加

国連のデータによると、世界では 1 分あたり 250 人以上の赤ちゃんが誕生しています。1 日平均 35万3,000 人の赤ちゃんが生まれ、1 年に生まれる赤ちゃんの総数は 1 億 3,000 万人以上となります。このことが、世界的な粉ミルクの消費量の増加につながっています。これは、出産後に働く女性の数が増えたこと、母親が授乳できない時間帯があること、成長期の乳児の栄養状態が良くなったことなどによるものです。国連によると、2050年に世界の人口は96億人に達すると予想されています。ヒトミルクオリゴ糖は、乳児栄養産業において、各種粉ミルクやベビーフードの製造の主要な原料として使用されています。この継続的な人口拡大により、乳児用粉ミルクの原料としてのヒトミルクオリゴ糖の売上は増加すると予想されます。中国国家統計局によると、同国は2018年に1,523万人の出生を記録しており、HMO市場の主要な収益源になると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]