保温材下腐食 (CUI) 抑制塗料・吹付耐火断熱 (SOI) 塗料の市場規模、2027年に23億米ドル到達予測

保温材下腐食 (CUI) 抑制塗料・吹付耐火断熱 (SOI) 塗料の市場規模は、2022年の19億米ドルからCAGR4.7%で成長し、2027年には23億米ドルに達すると予測されています。CUI & SOI塗料の世界市場は、海洋、石油・ガス、石油化学、エネルギー・電力、その他の産業などの最終用途産業によって成長しています。これらの産業の急成長がCUI & SOI塗料市場の成長を牽引しています。しかし、2020年には世界的なCOVID-19の大流行により市場は減少しました。

COVID-19がCUI&SOI塗料市場に与える影響

COVID-19の発生は、社会的な距離の規範によるロックダウンや製造業務の停止などにより、世界中のCUI & SOI塗料市場の最終用途産業に影響を及ぼしました。多くの企業は、COVID-19の大流行の中、事業を継続させるために短期的計画を採用し、非接触型配送によるオンラインプラットフォームで製品の販売を開始しました。企業はさらに現場の人員を50%削減するため、従業員の大半は自宅で仕事をするようになりました。

パンデミックは、塗料とコーティング剤のサプライチェーンと需要パターンを混乱させ、原材料の価格に顕著な影響を及ぼしました。原油・原料価格の不安定さは、世界のCUI & SOI塗料市場にさらなる影響を与えました。

CUI & SOI 塗料市場は、主に石油・ガス、石油化学、海洋、エネルギー・電力産業に依存しているため、この問題に直面しなければなりませんでした。政府は、経済危機のため、保護コーティング材の入札を大幅に減らしました。

牽引要因:効率的なプロセスと機器の長寿命化に対するニーズ

CUI & SOI塗料などの腐食保護コーティングは、石油・ガスおよび産業部門におけるパイプライン、機器、原子炉、貯蔵タンクの保護に使用されています。これらの産業では、危険で腐食性の高い化学物質や、高温・高熱を伴うプロセスが使用されます。また、これらの機器は、反応炉の表面に影響を与える様々な気候条件にさらされます。これらの分野で重防食コーティングを使用することで、原子炉表面への影響を防止または軽減し、機器の稼動寿命を延ばすことができ、運用コストの削減につながります。

抑制要因:厳しい環境規制

コンクリートの補修に使用されるすべての製品は、EU の基準により、塗料からの揮発性有機化合物(VOC)排出を削減することを目標としています。LEED GreenSeal GC-03 2nd Ed., 1997 と REACH は,CUI & SOI 塗料の VOC 含有量をグラム/リットル (g/l) で規定しており、塗料メーカーは VOC 含有量を減らす基準で行動することを余儀なくされています。また、メーカーはこれらの規制対象製品の品質と性能を維持する必要があります。規制による技術の変更は高い投資を必要とし、さらにはCUI & SOI塗料の性能にも影響を与えることになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]