燃料電池の市場規模、2027年に91億米ドル到達予測

燃料電池の市場規模は、2022年に29億米ドルからCAGR26.0%で成長し、2027年には91億米ドルに達すると予測されています。排出量の少ないクリーンな発電に対する需要の高まりが、市場成長の主な要因となっています。また、世界各地で行われている炭素排出に関するさまざまな規制が、近い将来、燃料電池の需要を押し上げると考えられます。

COVID-19の燃料電池市場への影響

燃料電池市場は、必須事業として行われているため、COVID-19の影響は緩やかなものでした。一方、人手不足、設備の停止、中電圧機器サプライヤーの不足、請負業者/下請け業者の生産性低下などにより、設置およびメンテナンス業務がより深刻な影響を受けています。

牽引要因:世界的な炭素排出規制の強化

世界各国の政治家が、二酸化炭素排出量の削減のために団結し、パリ協定に署名したことで、グリーンテクノロジーや再生可能テクノロジーが市場に浸透しました。燃料電池は発電のための非排出ソリューションであり、グリーンテクノロジーと再生可能テクノロジーのカテゴリーに属しています。

抑制要因:燃料電池に使用される触媒の高コスト

最も一般的な燃料電池にはDMFC、PAFC、PEMがあり、これらは反応速度を高めるために白金などのレアアース金属に依存しています。レアアースは高価であり、これを使用すると燃料電池全体のコストが高くなります。白金のコストは1トロイオンスあたり1,500米ドルほどと高額です。燃料電池で使用される触媒のコストは、年間1,000システムを生産する場合、総コストのほぼ26%に相当します。触媒のコストが高いことは、今後数年間、燃料電池技術の進歩による市場の成長を制限する可能性があります。

市場機会:素充填ステーションの増強に向けた取り組みの活発化

ドイツのH2Mobilityプログラムは、燃料補給ステーションを開発することで燃料電池車の導入を支援しており、その結果、燃料電池の展開の機会が広がっています。さらに、欧州のHydrogen for Innovative Vehicles(HyFIVE)プロジェクトは、水素燃料電池ネットワークの拡大を目指し、イタリア、イギリス、オーストリア、デンマークでステーションを整備しています。

課題:燃料電池自動車のコスト高

燃料電池はそれ自体が非常に高価な技術であり、燃料電池電気自動車のコストに直接影響します。2019年モデルのトヨタ・ミライの米国での価格はほぼ5万8,500米ドルであるのに対し、2019年モデルのテスラ・モデル3は3万6,000米ドルです。バッテリー電気自動車と燃料電池自動車の大きな価格差は、FCEVの販売拡大にとって大きな課題となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]