分子診断の市場規模、2027年に302億米ドル到達予測

分子診断の市場規模は、2022年の232億米ドルからCAGR5.4%で成長し、2027年には302億米ドルに達すると予測されています。市場成長の背景には、分子診断の技術的進歩と、発展途上国における早期診断に対する意識の高まりがあります。

COVID-19の分子診断検査は、パンデミックに対する世界的な対応の鍵を握っています。検査は、この病気の急速な拡大を抑制するための重要なステップであり、各国の政府機関は、COVID-19検査手順の合理化に向けて検査室を支援しています。これに伴い、規制当局は分子診断の認可を迅速に行うための方法を活用しました。さらに、大手企業は、COVID-19迅速検査を導入し、その業務能力への影響を無効化するための戦略的開発を行いました。診断検査は、COVID-19対応のバックボーンとして、発生を抑制するための努力を支えています。また、この危機の深刻さとPCRベースの検査に関連する容量問題の増大により、大量検査の需要に対応するための診断ソリューションの開発が加速しました。この市場に参入している主要企業は、COVID-19の検査と追跡のための事業を拡大しました。FDAは、PCR検査パネルや薬剤など、さまざまなプロファイリング検査をCOVID-19検査および診断に緊急使用することを承認しました。このような進展は、分子診断市場の成長を形成する上で重要な役割を果たした。

牽引要因:感染症や癌の増加

病原性微生物によって引き起こされる致命的な感染症の発生は、世界中の公衆衛生を脅かし、病原体の迅速かつ正確な検出方法の開発に対する研究者のモチベーションを著しく低下させています。しかし、培養や病原体の分離に長時間を要するため、その需要は限られています。過去数年間、分子診断技術の開発と応用により、感染症の診断とモニタリングに革命が起きています。

市場機会:新興国における成長機会

インド、中国、韓国、ブラジル、トルコ、ロシア、南アフリカなどの新興国は、分子診断市場に参入している主要企業にとって潜在的な成長機会を提供することが期待されています。これは、これらの国々における高い疾患罹患率、患者数の多さ、医療インフラの改善、可処分所得の増加、医療観光の増加などに起因するものです。さらに、アジア太平洋地域は、規制やデータ要件が比較的厳しくないため、適応力がありビジネスに適したハブとして台頭してきました。

課題:代替技術の導入

COVID-19の診断検査は、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査、血清検査、および抗原検査に分類されます。PCR検査は、身体の免疫反応や抗体の存在ではなく、抗原の存在を直接検出するもので、非常に手間がかかり、結果を得るには、数日から1週間以上かかることもあります。一方、抗体検査は血清学的検査としても知られ、血液中のCOVID-19抗体をスクリーニングすることによって、体内のウイルスの存在を確認するために使用され、過去の感染症も評価することができます。さらに、抗原検査では通常15分以内に結果が得られるため、一般的に迅速検査と呼ばれています。抗原検査は分子検査に比べ、設計がシンプルな分、製造コストが安くなります。代替技術の導入は、分子診断市場の成長への挑戦となる可能背があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]