決済処理ソリューションの市場規模、2027年に1,474億米ドル到達予測

決済処理ソリューションの市場規模は、2022年の909億米ドルからCAGR10.1%で成長し、2027年には1,474億米ドルに達すると予測されています。

COVID-19による決済処理ソリューション市場への影響

eWalletは、現金のやり取りに対する閉鎖性や嫌悪感から、P2P送金、請求書払い、必須サービスのC2B決済への牽引力が高まると思われます。一方、一部のウォレットプレイヤーは、加盟店や消費者に対する手数料を引き上げており、加盟店がウォレットの取引を受け付けないという事態を招いています。政府、eコマース(必需品)、ヘルスケア、製薬、国内送金、EDTech、保険、通信業界は、eウォレットの利用に好影響を与えると思われます。

航空、旅行、ホスピタリティ、小売、越境ECなどの業界は、コロナウイルスの影響を抑えるため、ロックダウンや社会的距離を置く措置を取っているため、eウォレットの利用にマイナスの影響を及ぼす可能性があります。

また、通信事業者における、支払いや充電のデジタルチャネルへの移行は、取引量の増加につながると思われます。さらに、ブロードバンドインターネットサービスの需要の高まりも、取引の増加に拍車をかけることが予測されます。また、複数の中央銀行がローンやクレジットカードの支払いを一時的に停止しています。クレジットカードの発行会社は、クレジットカードの支払限度額を引き下げています。

牽引要因:インターネットの普及に伴う電子商取引の増加

eコマースの成長は、スマートフォンやタブレットなどのデバイスの使用率の上昇や、4G、5Gなどによるインターネットへのアクセスに代表される、急速な技術導入によってもたらされています。電子決済は、オンラインで購入または販売した商品の代金を物理的に回収するという、複雑でコストのかかるプロセスを克服するのに役立ちます。電子決済は、支払いやその他の金融サービスのプロセスを容易にし、電子商取引の機会をさらに増やすことができます。電子商取引は、オンライン決済処理や電子決済技術の進歩に加え、ほぼすべての事業者がオンラインでのクレジットカード決済に前向きであることから、急速に発展しています。また、電子商取引の売上高は、決済処理ソリューション市場の成長にプラスの影響を与えると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]