種子処理の市場規模、2027年に92億米ドル到達予測

種子処理の市場規模は、2022年の61億米ドルからCAGR8.3%で成長し、2027年には92億米ドルに達すると予測されています。世界人口の増加は、発展途上国や低開発国を中心とした食糧安全保障の必要性につながり、今後の種子処理市場の成長を促進すると予測されます。

COVID-19の種子産業への影響

各国政府による規制のため、種子業界は国際貿易における障壁とともに、製品の生産と認証における課題を目の当たりにしました。パンデミックは、殺虫剤と殺菌剤の入手不能につながる種子処理産業のサプライチェーン全体を妨げ、その結果、製品の散布が遅れ、作物の収量に影響を及ぼしました。一方、窒素肥料やリン肥料の使用は、地表水や地下水の栄養損失を招き、水資源の汚染につながることから、パンデミック時の肥料の入手困難が、水質汚染と温室効果ガスの排出の大幅な減少につながりました。

農業部門は、ほぼすべての国で、種子の生産と移動を必須であると認識しました。しかし、各国における封鎖措置は、農家、サービス提供者、加工業者、代理店、流通業者、その他バリューチェーンに関わるステークホルダーのビジネスを抑制するもので、作物の生産量が減少し、需給ギャップが発生することになりました。

牽引要因:商業活動における種子コーティングの高い需要

革新的な農法に対する意識の高まりにより、農家は伝統農法から近代農法へと移行しつつあります。このシフトは主に、限られた資源でより高い利益と利潤を得る必要性によって推進されています。農家は、商業用種子に関連する利点を活用するために、消費と投資に注力するようになっており、これは世界的な傾向でもあります。果物や野菜、観賞用植物などの高価値の作物は、温室栽培で育てられます。これらの作物の種子は非常に小さく、適切なスペースに植えることが困難です。そこで、これらの種子の流動性や播種性を向上させるために、コート剤を用いて種子の大きさや形状を大きくするシードコーティングが行われています。この技術は、正確な播種を行うために、商業的なオペレーションにおいて非常に有益なものです。BASF SE(ドイツ)、Germanis Seed Technology(イギリス)などの企業が、種子コーティングのソリューションを提供しています。種子コーティングの分野では、種子コーティングとして使用される様々な物質の調製のために、長年にわたって重要な研究が行われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]