難燃剤の市場規模、2027年に92億米ドル到達予測

難燃剤の市場規模は、2022年の72億米ドルからCAGR5.1%で成長し、2027年には92億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、最終用途産業の成長と火災安全性に関する規制の強化が引き金となっており、多くの分野で火災の危険性を減らすために、難燃剤の需要が増加しています。建築・建設、自動車、エレクトロニクスなどの最終用途産業には、メーカーが遵守しなければならない厳しい安全基準がいくつかあります。また、プラスチックはその優れた特性からあらゆる分野で使用されるようになっており、難燃剤の市場をさらに押し上げる要因となっています。一方、市場成長の主な抑制要因には、臭素系および塩素系難燃剤の環境および健康への懸念が挙げられます。このため、リンや窒素など、より環境に優しい難燃剤の需要が高まっています。インド、中国、メキシコなどの国々の急速な発展が、今後、市場の成長を押し上げると思われます。

COVID-19が難燃剤市場に与える影響

難燃剤市場は、自動車、エレクトロニクス、建設産業への依存度が高く、世界的なサプライチェーンの混乱によりマイナスの影響を受けました。また、中国はエレクトロニクスと建築の主要市場です。同国の主要地域における厳格なロックダウンは建設活動に影響を与え、建設機械の需要は、2020年第1四半期に大きく減少しました。中国は難燃剤の最大生産国の一つであり、原材料の供給不足により、難燃剤生産は低迷しています。

牽引要因:多様な用途での難燃剤の需要増

現代の住宅や公共スペースには、プラスチック、発泡体、複合材などの使用が増え、そこには可燃性物質が含まれています。高い火災安全基準や規制があれば、建物を火災から保護することができます。火災安全ガイドラインの対策の一つは、内装工事に難燃性材料を使用することです。

住宅や商業施設の急増により、爆発や火災に関連する事故の可能性が高まっています。このため、北米や欧州では、火災に関する厳しい規制やプロトコルが定められています。この規制を満たすために、建築物への難燃剤の使用が増加しています。全米防火協会(NFPA)や国際コード協議会(International Code Council)などの団体は、住宅や電子機器、自動車に対する消費者の需要が高まっていることから、火災安全に関する規制を強化しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]