マーケティングオートメーションの市場規模、2027年に95億米ドル到達予測

マーケティングオートメーションの市場規模は、2022年の52億米ドルからCAGR12.8%で成長し、2027年には95億米ドルに達すると予測されています。COVID-19の流行により、拡張性、コスト削減などの利点を活用するため、ユーザーによるマーケティングオートメーションソリューションの導入が加速しています。世界的な景気減速にもかかわらず、サブスクリプション企業の約50%は、COVID-19の流行による悪影響を受けることなく、事業を拡大させています。

COVID-19のマーケティングオートメーション市場への影響

COVID-19の流行により、大企業や中小企業を含む多くの調査・研究機関が、封鎖後のマーケティング費用を増加させています。COVID-19は、個人、企業など社会のあらゆる分野に影響を及ぼしており、マーケティングオートメーション市場へはプラスの影響が確認されています。

COVID-19の世界的流行は、広告、マーケティング、プロモーション、メディアへの支出に変化をもたらし、企業やブランドは、安定した収入を維持するために、マーケティングキャンペーンに関する考え方を見直さざるえない状況にあります。マーケティングオートメーションはビジネス構造に不可欠な要素となり、IoT接続デバイスの購入が増加すると同時に、その利用は拡大・進化していくと予想されます。AIとマーケティングオートメーションは、担当者がマーケティング全般のタスクを自動化し、最適化することを可能にする先進的なツールです。

牽引要因:エンドカスタマーにリーチするためのマーケティングチャネルの増加

今日のデジタル時代において、企業は見込み客にアプローチするために、革新的な手法を導入しています。マーケティングチャネル数の増加は、ユーザーによって生成されるデータとコンテンツの量の増加を意味します。顧客のブランド嗜好を理解することで、適切な顧客にうまくアプローチできる可能性が高まります。顧客とのコミュニケーションを容易にするマーケティングチャネルが増えたことで、マーケティングオートメーション市場は新たな段階に突入しています。

企業は、Webサイト、電子メール、ソーシャルメディアプラットフォーム、モバイルデバイス、ディスプレイ広告など、複数のチャネルを活用して顧客と接触しています。企業は、クロスチャネルまたはマルチチャネルマーケティングを使用して、マーケティングプログラムの効果を高め、ROIを増加させます。マーケティングオートメーションソフトウェアは、企業がマーケティングおよびセールスエンゲージメントプロセスの自動化を支援し、Eメールの送信、ソーシャルメディアのアカウントとページの管理、ウェブサイトのインタラクションの追跡、その他さまざまなタスクの管理などの反復作業を自動化することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]