ケーブル圧送装置の市場規模、2027年に1億3,300万米ドル到達予想

ケーブル圧送装置の市場規模は、2022年の1億500万米ドルからCAGR4.8%で成長し、2027年には1億3,300万米ドルに達すると予想されています。

市場の成長を促進する主な要因としては、ファイバーネットワーク接続の拡大が挙げられ、これがケーブル圧送装置などのケーブル設置サービスの需要を促進すると考えられます。また、発展途上国における通信インフラの拡大も、ケーブル圧送装置市場の成長に大きく貢献すると予想されます。

COVID -19のケーブル圧送装置市場への影響

COVID -19の危機は、全住民が情報やサービスにアクセスするための十分なデジタルスキルの重要性を示しました。デジタルスキルを実現するためのデータトラフィックの増加は、ヘルスケアやその他のヒューマンキャピタルアプリケーション向けに特別に設計されたデータセンターで管理されています。これらのデータセンターは、地域の特定の人々のもとに到達するために高速かつ長距離の伝送を必要とします。COVID-19によるインターネット利用率の低下により、2021年6月のOECD諸国におけるファイバー接続の契約数は2020年6月と比較して15%増加し、高速インターネット接続の需要が増加しました。しかし、企業財務情報によると、ケーブル圧送装置市場の上位8社は、COVID-19の発生により、収益がわずかに減少しています。その後、2021-2022年には、通信セクター向けの半導体製造などの活動が再開され、プロジェクトの多くが再開されたため、需要の増加が目撃されています。

牽引要因:データセンターを接続するための光ファイバーネットワークの拡大

ケーブル圧送装置などの光ファイバー敷設装置の市場拡大は、世界各地でのデータセンター配備の増加によって促進されています。データセンター内とデータセンター間の通信は、いずれも光ファイバーケーブルに依存しており、ビルやキャンパスのデータセンター内では、接続に光インターコネクトを使用してデータを伝送します。一方、データセンター間通信に使用される光インターコネクトは、2つ以上のデータセンター間を接続するため、メトロまたはロングホールのインターコネクトレベルで機能します。2つのデータセンター間の光リンクは、数千キロメートルに及ぶこともあり、高速な伝送速度が要求されます。そのため、これらのデータセンターでは、膨大な量のデータを長い距離にわたって送信するために、大きなデータ帯域幅が必要となります。

このため、データセンターのバックホールネットワークやアクセスネットワークのサポートとして採用されるファイバーケーブルの需要が高まっており、ファイバー敷設作業の需要が高まっています。データセンターにおける帯域幅と電力に対する需要の高まりが、ケーブル布設装置の市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]