直交集成材 (CLT)の市場規模、2027年に25億米ドル到達予測

直交集成材 (CLT)の市場規模は、2021年に11億米ドルからCAGR14.5%で成長し、2027年には25億米ドルに達すると予測されています。直交集成材 (CLT)製造における高度な設計の柔軟性と迅速な実施方法が、市場を牽引すると予測されます。

COVID-19の直交集成材 (CLT)市場に与える影響

COVID-19の大流行による影響は2022年末までに最小化すると予想されています。COVID-19は、社会的距離を置く、遠隔地で働く、商業活動を閉鎖するなどの制限的な封じ込め策を取り、その結果、事業上の困難を招きました。その後の市場の成長は、企業が事業を再編し、COVID-19の影響から回復したことによるものです。

牽引要因:都市人口の増加

都市部の人口増加は、間接的に直交集成材 (CLT)の市場を牽引しています。アジア太平洋地域では、農村部から都市部へ人口が移動しています。国連ESCAPによると、アジア太平洋地域の人口は2050年までに51億人に達すると予想されており、そのうち都市部の人口が占める割合は64%以上になると見込まれています。また、生活水準の向上により、プレハブ建築など建築用の改良品への需要が高まると予想され、再生可能、持続可能、軽量、高速など様々な利点に加え、平らで巨大、かつコンクリートと同様の設計が可能な直交集成材は、アジアでの需要を促進することが期待されています。

抑制要因:CLTの設計と需要に対する障壁

木造建築物の高さに関する法規制や、CLTが鉄骨やコンクリートより高価であることが、市場の抑制要因となっています。また、建築家やプランナーの木材建築に関する教育や、熟練した専門家の不足も大きな障害となっています。さらに、CLT業界は、デザインの複合化により、高層多世帯住宅でのCLT構造の使用に制限を受けています。

市場機会:ハイブリッド構造による魅力的なデザインが、新しいアプローチを可能にする

CLT材は持続可能であり、新しい市場を開拓することから、グリーンビルディングに利用されています。また、CLTの新しい建築技術への移行を可能にするハイブリッド構造により、魅力的なデザインを実現します。建築期間が短く、作業員が少ないため、コスト削減も可能であり、コンクリートや鉄骨に比べて軽量で、その特性から耐震性能も向上します。

課題:ハイシーズンにおける集成材サプライヤーの長いリードタイム

需要の増加に対応するためには、大量生産される木材の生産能力を大幅に向上させる必要があります。また、建築資材の保管や管理には、物流計画が重要であり、バルク材やパネルのジャストインタイム配送が要求されます。建築規制は常に更新されており、新たな課題をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]