ダイアフラムポンプの市場規模、2027年に76億米ドル到達予測

ダイアフラムポンプの市場規模は、2022年の61億米ドルからCAGR4.5%で成長し、2027年には76億米ドルに達すると予測されています。これは、上下水道処理産業の成長が主な推進力となっています。また、石油・ガス活動の活発化も、近い将来、ダイヤフラムポンプ市場の需要を押し上げると思われます。

COVID-19のダイアフラムポンプ市場に与える影響

パンデミックは、国際貿易を妨げ、石油・ガス、化学・石油化学、発電、自動車・輸送、鉱業など、さまざまな産業に影響を与え続けています。多くの製造施設が閉鎖を余儀なくされ、最終市場のダイヤフラムポンプの需要に影響を与え、前例のない規模のサプライチェーンの混乱にもつながりました。米国エネルギー情報局(EIA)によると、コロナウイルスの蔓延を抑えるために採用されたロックダウンにより、2020年の石油液体消費量は9%減少しました。この封鎖措置により、道路輸送、民間航空、海上輸送の各分野が停止し、燃料の需要が減少したことで、世界の石油需要は落ち込みを見せ、新規の石油開発活動も停止しました。このため、石油・ガス業界や化学・石油化学業界におけるダイヤフラムポンプの需要に影響が及びました。また、パンデミック時には、世界各地で電力需要や発電量に変動がありました。

パンデミックは、このセクターに課題をもたらすと同時に機会ももたらしました。COVID-19の影響により、リスク管理を強化し、備えと回復力を高める必要性も浮き彫りになりました。IDEX Corporationのようなダイアフラムポンプメーカーは、COVID-19の影響でサプライヤーが事業の中断、閉鎖、倒産に直面し、製品の製造に必要な原材料、部品、コンポーネントの調達が困難になりました。

牽引要因:石油・ガス活動の活発化

ダイアフラムポンプは、石油・ガス産業において、探査から処理、消費者への輸送まで、バリューチェーン全体を網羅する幅広い性能範囲で使用されています。パンデミックによる操業停止は、石油・ガスの主な消費者である輸送を停止させ、石油・ガス需要を大幅に減少させました。しかし、封鎖措置が緩和され、輸送やその他の産業活動が徐々に再開されたため、石油・ガスの需給ギャップは大きくなりました。国際エネルギー機関(IEA)は、2022年の石油総需要が2021年に比べ2.1mb/d増加すると予測しています。また、ロシアのウクライナ侵攻により、ロシアの石油生産が大規模に中断され、世界的な石油供給ショックが発生しています。米国や石油輸出国機構(OPEC)など他の生産国は、ロシアの生産不足を補うために探鉱・生産活動を強化する方向に向かう可能性があり、パンデミック後の経済の回復と成長は、困難な地政学的状況による供給制約とともに、石油・ガスの探査と生産の増加につながり、ダイヤフラムポンプ市場の成長を促進する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]